【ベストバイ】2023年上半期に買ってよかったモノ7選

当ページのリンクには広告が含まれています。
2023 上半期 買ってよかったモノ

こんにちは、変デジ研究所のロンスタです。あっという間に2023年も半分が終わってしまったので、今年の上半期に買ってよかったモノを紹介していきます。

かなり迷った結果、今回は全部で7つのアイテムを紹介します。

このブログで紹介してないものもありますので、ぜひ最後までチェックしてくださいませ。

目次

1位:M1 Pro MacBook Pro 14インチ

M1 Pro MacBook Pro 14インチ

6月に買ったばかりのアイテムですが、ダントツの1位でランクイン。これまでメイン機だったiMacから、M1 Pro MacBook Pro 14インチに乗り換えました。Amazonのセールで激安になっていたのが最大のポイントですが、動画編集サクサクもこなせるハイスペックなラップトップで、これがあれば、自宅でも外出先でも最高の環境で仕事ができます。

M1のiMacとM1 ProのMacBook Proで、どれくらい体感速度が変わるのか気になりますよね?正直に書くとM1チップでも十分サクサクだったので、あまり違いは感じません。

しかし、LightroomやFinal Cut Proの書き出しスピードが大幅に速くなったため、全体的に作業時間が短縮されました。待ち時間が短くなると、他の仕事に使える時間が増えるということなので、やっぱり仕事で高いパソコンを使うのは大切なんだなって、改めて思いました。

2位:ZEISS Batis 2/40 CF

Carl Zeiss Batis 2/40 CF

動画撮影のメインカメラとして「α7IV(ILCE-7M4)」を使っています。静止画撮影は軽くて小さいニコンのミラーレスカメラを使ってきましたが…ZEISS Batis 2/40 CFを買ってからα7IVでの写真撮影がめちゃくちゃ楽しくなりました。

Batis 40mm 作例

何を撮っても、雰囲気のある写真が撮れますし、最短撮影距離は24cmなので、とにかく寄れます。テーブルフォトからスナップ撮影まで、これ1本で楽しめるし、デザインもおしゃれで好きなレンズです。

ZEISS Batis 2/40 CF

35mmじゃない、50mmでもない、40mmという絶妙な画角。そしてこのレンズじゃないと撮れない独特の空気感。最高です。

created by Rinker
ZEISS(ツァイス)
¥162,800 (2024/02/26 23:19:25時点 Amazon調べ-詳細)

3位:ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム

ティアキン

このブログでゲームの話をしたことはありませんし、ゲームに詳しいわけでもありませんが、発売日に買った「ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム」は、現在進行形でハマりまくりです。

できるだけネタバレや攻略を読まずコツコツとプレイしていますが、前作「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」より自由度が高いので、のんびりプレイしたら1年くらい楽しめそうな感じ。

ティアキンはブレワイより操作が複雑になったため、戦闘シーンで焦って操作を間違えることもあります。しかし、ゲームが得意でない自分でも、努力すればほとんどのミッションをクリアできます。

他のゲームでは「自分は下手だからもうやりたくない!」と思うことがありますが、ゼルダの伝説ではそう思わずに続けられる点が好きです。

created by Rinker
任天堂
¥6,620 (2024/02/26 18:02:41時点 Amazon調べ-詳細)

4位:Bose QuietComfort Earbuds II

QC Earbuds II レビュー

圧倒的なノイズキャンセリング機能。これが「Bose QuietComfort Earbuds II」最大の魅力です。電車の中やカフェなどで使うと、周りの人の話し声までスッと小さくなります。

アプリ側でイコライザーを調整すると、音質もかなり良くなるし、ロック系の音楽を聴くと楽しいイヤホンです。他のノイキャンイヤホンを使って効果を感じなかったという方がいたら、Bose QC Earbuds IIを試してもらいたいです。あなたの耳に静寂の世界が訪れるはずです。

5位:レオフォト LS-224C+LH25

created by Rinker
leofoto
¥44,529 (2024/02/26 18:02:41時点 Amazon調べ-詳細)

ついに高級なカーボン三脚を購入しました。自宅でのYouTube動画撮影がメインですが、軽くて安定性も高く、雲台も使いやすく、コンパクトに収納可能です。

買ってよかったと思う最大の理由は「軽さ」です。とにかく軽い。めちゃくちゃ軽い。

6位:TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD (Model A067)

TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD Model A067 レビュー

動物園や野鳥撮影用にタムロンの望遠レンズを購入しました。このレンズがすごいのは「50mmスタート」ということです。400mmの望遠ズームレンズなのに、普通にテーブルフォトが撮れちゃいます。

このレンズが便利だと思ったのは動物園での撮影です。これ1本あれば、動物の写真、植物の写真、家族の写真、そして食べ物の写真。なんでも撮れちゃうんです。

TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD Model A067 作例写真

自分が使っているα7IVなら、APS-Cクロップで640mmまで使えるので、実質50mm〜640mmまで使えるレンズになります。写りもシャープだし、お気に入り。

created by Rinker
タムロン(TAMRON)
¥146,300 (2024/02/26 21:41:33時点 Amazon調べ-詳細)

7位:KANI クイックリング

KANI クイックリング

今、α7IVで使っているメインレンズは3本で、FE 20mm F1.8 G、Carl Zeiss Batis 2/40 CF、TAMRON 50-400mm F4.5-6.3 DiIII VC VXDです。

この3本に共通するのは「フィルター径」です。どれも67mmのフィルター径なので、1つお気に入りのフィルターがあれば付け替えが可能です。

しかし、フィルターってクルクルと回転させて取り付けるのが手間じゃないですか?

そこで、おすすめしたいのが『KANI クイックリング』です。ブログでの説明が少し難しいんですけど、グッと押し込むだけでワンタッチでフィルターが交換できる優れもの。

自分は「はろログカメラ」の@haroharo72さんのツイートで知ったアイテムですが、これは本当に便利です。

まとめ

2023 上半期 買ってよかったモノ

以上が、2023年上半期に買ってよかったモノ7選でした。これらのアイテムは自分の生活や仕事に大きな影響を与えてくれました。

例えば、M1 Pro MacBook Pro 14インチは、自宅でも外出先でも最高の環境で仕事ができるようになりました。また、ZEISS Batis 2/40 CFは、写真撮影がとても楽しくなり、新たな写真表現の幅を広げてくれました。

その他のアイテムも、あなたにとって何か参考になれば嬉しいです。

下半期も皆さんの物欲を刺激するようなアイテムを買って、たくさんレビューを書きたいと思ってます。これからも、変デジ研究所をよろしくお願いします。それじゃ!また!

2023 上半期 買ってよかったモノ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえたら嬉しいです
目次