古いiPodを修理しようか迷っている。

当ページのリンクには広告が含まれています。
iPod 自分で修理

3ヶ月くらい前に古いiPodを棚の奥から発掘して、それから週に何回かはiPodで音楽を聴く生活をしています。Spotifyのような聴き放題サービスは使えないので、Macの中に保存してある曲を自分で選んで転送して聴くことになるんですが、それがまた楽しいんですよ。

最近聴いてなかった少し古い曲をiPodで聴くと、なんともノスタルジックな気持ちになります。

で、わが家にはiPodが3台あります。iPod(第4世代)、iPod nano(第6世代)、そしてiPod (第5世代) です。(iPod touchもあるけど、それはカウント外)

メインで使っているのはiPod(第4世代)になります。

iPod(第4世代)

モノクロディスプレイでクリックホイールを搭載したモデルになります。操作するとカチカチと音が鳴って気持ちいい、デザインも好き。ウイーンってハードディスクが動くのも生きてる感じがして可愛い(笑)しかし、バッテリーの持ちが微妙に悪く、さらに1ヶ月ほど前に突然動かなくなったことがあるんですよ。

iPod リンゴループ

もうダメかと思いましたが「昔の機械は叩いたら直る」ってTwitterでリプが届いたので、試しに軽く振ってポンポンと叩いたら復活しました(笑)それからは、とにかく衝撃を与えないようにソフトに使ってます。

本当は第五世代のiPodを使えばいいんだけど、こっちは電源に繋いでも一瞬リンゴマークが表示されるだけで起動しないんですよ。

iPod (第 5 世代)

iPodシリーズの中では音質がいいと評判の第5世代iPod、これも使ってみたいと思いながらネットの世界をうろうろしていたら、こんな動画を見つけました。

修理などは苦手ですが、この動画の通りに頑張ったら古いiPodも復活する気がして、かなり迷ってます。

iPod nano

ただ、音質だけなら第四世代のiPodより、iPod nanoの方がいいので、これを使えばいいし、だったら、調子の悪いiPod(第4世代)を修理した方がいいような気もするし、悩みまくりです。

また、何か進展があったら記事にしますね。何もなかったら、諦めたってことですね(笑)それじゃ!また!

iPod 自分で修理

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえたら嬉しいです
目次