【Spigen】iPhoneの中身が透けて見えるようなケース「ゼロ・ワン」を購入しました!

Spigenから発売されている「ウルトラ・ハイブリッド マグフィット ゼロ・ワン」というiPhoneケースを購入しました。iPhone 14 Proの中身が透けて見えるようなデザインになっているのが特徴で、バックパネルにマグネットが内蔵されているのでMagSafeにも対応しています。

【レビュー】ウルトラ・ハイブリッド マグフィット ACS05540 (ゼロ・ワン)

Spigen iPhone 14 Pro ケース ゼロ・ワン

パッケージは非常にシンプル。

Spigen iPhone 14 Pro ケース ゼロ・ワン

ケースとMagFItコレクションのチラシが入っていました。このケースですが、よく見ると保護フィルムが貼ってあります。

Spigen iPhone 14 Pro ケース ゼロ・ワン

外側と内側、両方にフィルムが貼ってあるので、最初に剥がしてからiPhoneを装着します。

Spigen iPhone 14 Pro ケース ゼロ・ワン

ベースになっているのは、側面がTPU、背面がPC素材の二重構造になっているSpigenで人気の耐衝撃ケースです。

Spigen iPhone 14 Pro ケース ゼロ・ワン

内側にはMagSafeに対応した、強力なマグネットが内蔵されています。それでは実際にiPhoneを装着してみます。今回使ったのは、スペースブラックのiPhone 14 Proです。

Spigen iPhone 14 Pro ケース ゼロ・ワン

iPhone 14 Proの中身が透けたようなデザインですが、それっぽくデザインされているだけなので実物は安っぽいし偽物感が漂ってます(笑)とはいえ、iPhoneケースでは信頼度の高いSpigenなので、使用感は抜群です。

Spigen iPhone 14 Pro ケース ゼロ・ワン

レンズ周りは高さがあるので、iPhone 14 Proの巨大なカメラをカバーしてくれるし、ケースの四隅に空気の層で衝撃を軽減する「air cushion technology」が内蔵されているので、落とした時も安心です。

Spigen iPhone 14 Pro ケース ゼロ・ワン

レンズ部以外の角には少しだけフチが付いているのでデスクに置いた時にガタ付きが少ないデザインになっています。

Spigen iPhone 14 Pro ケース ゼロ・ワン

Spigen iPhone 14 Pro ケース ゼロ・ワン

また、液晶画面側も少しだけ高くデザインされているので、画面を下にしてデスクに置いても傷付きにくくなっています。

Spigen iPhone 14 Pro ケース ゼロ・ワン

マグネットも強力で、MagSafe対応のモバイルバッテリーを使って持ち上げても安心なレベルでした。

Spigen iPhone 14 Pro ケース ゼロ・ワン

iPhone 14 Proは、カメラ部分が巨大すぎてバランスが悪いスマートフォンですが、Spigenのゼロ・ワンを装着するとカメラが目立たなくなります(笑)

Spigen iPhone 14 Pro ケース ゼロ・ワン

ブラックをベースにしたケースで、ケース部分のデザインがごちゃごちゃしているのでカメラ部も同化して目立たなくなりました(笑)好き嫌いが分かれそうなデザインのiPhoneケースですが、持ちやすいし衝撃吸収性能も高いし、しばらくメインのケースとして使ってみようと思います。それじゃ!また!

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-iPhone 14 Pro, iPhoneケース