【ミニレビュー】広角レンズでブツ撮りすると被写体が歪む:iPhoneのカメラで体験してみよう

iPhoneのデフォルトカメラで雑貨やアクセサリーを撮影すると不自然に被写体が歪んでしまう。そんな悩みがある方も多いのでは?

先日、友人とカメラ話をしているときに「広角気味で近づいてブツ撮りすると歪みが出る」という話が出たので、iPhoneで分かりやすいように説明してみました。

自分が使っているiPhone 12 Proの場合、トリプルカメラを搭載しているのでブツ撮りするときは「望遠レンズ」を使っています。(※商品パッケージなど四角い被写体を撮影する場合)その理由は広角レンズでブツ撮りするとパースがキツくて被写体が台形に写ってしまうからです。

iPhone 広角カメラ 歪み

iPhoneでカメラを起動してそのまま被写体に近づいて撮影すると、iPhone本体の影が目立ちますし、広角レンズ特有の歪みで真四角の被写体も台形に写ってしまいます。そこで試してほしいのが「望遠レンズ」での撮影です。

iPhone 広角カメラ 歪み

iPhone 広角カメラ 歪み

上の写真は「左が広角レンズ」、「右が望遠レンズ」で撮影したものです。違いは一目瞭然だと思いますが、望遠レンズを使うことで歪みも少なくなり、なおかつ被写体に不自然な影も出ず撮影できます。同じiPhoneでも望遠レンズを搭載していない機種もありますが…その場合は少しだけズームすると同じような効果を実感できます。

今回はシンプルなミニレビューなので難しい説明はしませんが、とにかく「iPhoneでブツ撮りするなら望遠レンズを使う」と覚えておくと、歪みの少ないいい感じの写真が撮れると思いますよ。それじゃ!また!

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-iPhone 12 Pro