iPhone 12 Pro

iPhone 12 Proと一緒に買ったSpigenのクリアケースとNIMASOのガラスフィルムをサクッとレビュー

iPhone 12 Proは発売前に予約したのでiPhoneケースやガラスフィルムは適当に良さそうなものをAmazonで選びましたが、実際に使ってみたらどちらもいい感じで長く使えそうだったので簡単にレビューしていきます。今回自分が購入したのはこちら。

スポンサーリンク

NIMASO iPhone12 / iPhone 12 pro ガラスフィルム

NIMASO iPhone12 / iPhone 12 pro ガラスフィルム

ガラスフィルムはNIMASOというブランドの商品を選びました。自分は保護フィルムを貼るのが苦手なんですが「ガイド枠」が付いているので本当に簡単にキレイに貼る事が出来ました。

NIMASO iPhone 12 Pro ガラスフィルム

このガイド枠の上下を合わせてiPhoneをセットして後はフィルムを合わせて載せるだけ。とても簡単でキレイに貼れておすすめです。

NIMASO iPhone 12 Pro ガラスフィルム

ガラスフィルム本体も透明度が高く、指紋も付きにくく良い製品だと思います。また最初から2枚セットになっているので貼り付けに失敗しても安心です。製品的には問題なくおすすめ出来ますが…購入後に「アンケートに答えたらAmazonギフト券をあげます的なハガキ」が届いて怪しかったので次からは違うメーカーを選ぶかも(笑)

【Spigen】 iPhone 12 Pro ケース(クリスタル・クリア)

【Spigen】 iPhone 12 Pro ケース(クリスタル・クリア)

iPhone 12とiPhone 12 Proは同じサイズなのでケースも同じになっています。今回自分が選んだのはiPhoneケースブランドとしては老舗で人気のある「Spigen」のクリアケースです。

Spigen iPhone 12 Pro ケース

iPhone 12 Proはケース無しで使うのが1番美しいと思いますが…本体サイドのフレームに指紋がベタベタ付くのがネックです。ですから今回はクリアケースを使う事にしました。やっぱりケースが無いと落とした時に不安ですからね。

iPhone 12 Pro Spigen ケース

iPhone 12 Pro Spigen ケース

フレーム部分はしっかりとカバーされているのでこれなら指紋が付くこともなくて安心です。また落下時の衝撃を軽減する「エアクッションテクノロジー」もポイントです。

iPhone 12 Pro 落下

ケースの四隅に空気の層で衝撃を軽減する「air cushion technology」が採用されています。ナイキのエアマックスとかをイメージすると分かりやすいかも。

iPhone 12 Pro レンズ

カメラレンズもしっかり保護出来る高さで設計されているので安心感があります。またレンズ部以外の角には少しだけフチが付いているのでデスクに置いた時に安心なデザインになっていますが…逆にレンズ部だけフチがないので少しだけガタ付くのがネックです。(本当に少しですが)

iPhone 12 Pro Spigen ケース

透明でシンプルなケースで手に馴染んで気に入っていますが…各部にロゴや文字が多いのも減点ポイントかな。とはいえ全体的な満足度は高いケースでした!

とりあえず…という気持ちでケースとガラスフィルムを買いましたが、どちらも気に入ったのでしばらくこのまま使ってみようと思います。それじゃ!また!

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-iPhone 12 Pro

© 2020 変デジ研究所