【装着感最高】ゼンハイザー「HD 599 SE」レビュー:開放型ヘッドホンの定番モデルを激安価格で購入しました!

Amazonプライムデーでセールになっていたオープンエアー型(開放型)ヘッドホン「ゼンハイザー HD 599 SE」を購入しました。これまで数多くのヘッドホンやイヤホンをレビューしましたが、開放型ヘッドホンを使うのは初めてです。開放型のヘッドホンといえば「外部からの音も聞きやすく、長時間使用でも疲れにくい」という口コミが多く以前から気になっていました。

今回購入した「HD 599 SE」は、ゼンハイザーから発売されている「HD 599」のAmazon限定モデルになります。基本的な機能などは同じですが、クリーム色とブラウンをベースにしたオリジナルモデルとは違い、ブラックを基調にしたカラーリングに変更されています。またパッケージもシンプルな段ボールに変更されています。

Amazon

スポンサーリンク

【レビュー】ゼンハイザー HD 599 SE

ゼンハイザー HD 599 SE レビュー

最初にセール価格で購入したと書きましたが、先日開催されたアマゾンプライムデーでは、26,400円のHD599SEが12,870円になっていました。これはかなりお買い得だったと思います。それではパッケージを開封して中身を確認していきましょう。

HD599 SE レビュー

本当にシンプルなパッケージになりますが、次々と空き箱が増えていくガジェットブロガー的には、これくらい簡素な段ボールの方が捨てやすくて好きです(笑)

HD599 SE レビュー

ヘッドホン本体、6.3mmステレオ標準プラグケーブル(3.0m)、3.5mmステレオミニケーブル(1.2m)、変換プラグ、セーフティーガイド。

HD599 SE レビュー

最初から2本のケーブルと変換プラグが付いているので、さまざまなリスニング環境に合わせて使うことができます。

HD599 SE レビュー

付属のケーブルですが、先端に溝がある専用ケーブルになっています。奥まで挿し回転させることで固定します。付属の3.5mmステレオミニケーブルも同じ仕様になっていました。

HD599 SE レビュー

ヘッドホン本体のデザインはこんな感じです。ブラックにシルバーのアクセントが意外とかっこいいです。ただし…定価が26,400円のヘッドホンとは思えないほど、各種パーツが安っぽいです(笑)

HD599 SE レビュー

開放型ヘッドホンになるので大型のイヤーカップが使われています。

HD599 SE レビュー

イヤーパッドはベロア調の素材が使われています。内部も大きめで広いので耳がしっかりと収まって装着感抜群です。ベロア調だと夏場は暑そうだと思いましたが…実際に使ってみると密閉型ではないので軽い装着感ですし、肌触りも抜群でベタつかず快適でした。ちなみにイヤーパッド部分は交換可能になっているので、長期間の使用で汚れたり破れてしまった場合でも安心です。

HD599 SE レビュー

バンド部分も柔らかくクッション性抜群です。

HD599 SE レビュー

本体の重さは実測で253gでした。かなり軽いヘッドホンになるのでこれから長時間の使用でも疲れにくいと思います。

HD599 SE レビュー

最後に実際に音楽を聴いてみた感想ですが、低音域から高音域までバランスよく鳴らしてくれるヘッドホンだと思いました。これまで密閉型やセミオープン型しか使ってなかったので、開放型の音質にはびっくりです。

こもったイメージは一切なく、頭の周りにスピーカーがあるような感覚というのでしょうか?とにかく、クリアで非常に聴きやすいヘッドホンでした。

少し気になった部分は、高音が少しだけ刺さるようなイメージだったことと、音場が予想より狭かったことでしょうか?とはいえ、定価26,400円のヘッドホンですからね、トータルで考えると素晴らしいクオリティーだと思います。

最後に装着感になりますが、これは最高でした!今まで使ったヘッドホンの中でもナンバーワンの付けやすさ、そして疲れにくいヘッドホンです。

今回音楽だけじゃなく、動画編集時にも使ってみましたが長時間の編集でも疲れず使えました。このクオリティのヘッドホンがタイムセールとはいえ12,870円で買えたのは奇跡的だと思います!これは買ってよかったです。それじゃ!また!

Amazon

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-イヤホン・ヘッドホン