MacとWindowsでメモ帳を同期するなら「Notion」が便利!Evernoteから乗り換えた。

当ページのリンクには広告が含まれています。

メモアプリといえば「Evernote」が有名ですよね。自分も使っていますが、無料のベーシックプランだと同期できるデバイスが最大2台になります。たとえば、MacとiPhoneであればOKですが、MacとWindowsとiPhoneだと1台オーバーでNGです。

MacとWindowsだけじゃなく、iPhoneやiPad、Androidスマホとも簡単に同期できて無料で使えるメモアプリはないのか?そう考えて辿り着いたのが「Notion」です。

Notion - notes, docs, tasks

Notion – notes, docs, tasks

Notion Labs, Incorporated無料posted withアプリーチ

目次

高機能なメモアプリ「Notion」をシンプルに使う

notion Windows

Notionは単なるメモアプリではなく、タスク管理や社内Wikiなどにも使える多機能ツールです。公開当初は日本語化されてなく、英語だけだったので、ダウンロードしたけど挫折した方も多いのでは?

自分は日本語化された後も使ってみましたが、使い方が複雑で2度も挫折しました(笑)

今回は挫折しないようにシンプルな使い方にしました。Notionは多機能なアプリになるので、パパッとメモだけを書こうとしてもアプリを立ち上げてからワンクッション必要になります。そこで、パソコンからメモしたい場合はアプリを使わず、ブラウザ版を使うことにしました。

Notion ブラウザ

Notionは、ブラウザのURL欄に「notion.new」と入力すると新規ページが開きます。この「notion.new」という文字列をMacとWindowsで辞書登録したので、すぐに入力できるようにしました。

メモを書きたくなったら、ブラウザに「notion.new」と入力するだけ、あとはマークダウン記法で書いていくだけです。これなら挫折することもなく長く使えそうな気がしています。

もちろん、ブラウザでメモした内容はアプリをインストールした全てのデバイスと同期されるので、MacとWindowsでもOKです。少し前に買ったSurface Laptop Go 2を使い外出先でブログの下書きを書いて、自宅に戻ったらiMacで仕上げる。そんな使い方ができるようになりました。

まだ使い始めたばかりですが、このやり方が気に入ったのでしばらく使ってみようと思います。それじゃ!また!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえたら嬉しいです
目次