タムロン「50-400mm F/4.5-6.3」ファームウェアアップデート:MacじゃダメでWindowsを使った件

当ページのリンクには広告が含まれています。

昨日、「【実写レビュー】TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD (Model A067)」という記事を書きました。このレンズは「TAMRON Lens Utility」という専用ソフトに対応していて、パソコンとレンズをケーブルで接続することでファームウェアアップデートや各種カスタマイズが可能になっています。

で、実際に使ってみようと「TAMRON Lens Utility」のページにアクセスし、ダウンロードできるソフトウェアをチェックしたら、なんと「Mac用ソフト」があるじゃないです。自分のメイン機はiMacなので、すぐにダウンロードしました。

タムロン ソフト Mac

しかし、ソフトをダウンロードして、MacとレンズをUSB-Cケーブルで接続しても「レンズが未接続です」と出るだけで、ファームウェアアップデートが出来ませんでした。

ちなみにサイトの説明に「レンズとコンピューターを接続する際は、別売の TAMRON 純正 TAMRON Connection Cable をお使いください」と書かれていて、自分は他社製のType-Cケーブルを使ったのでダメかと思いましたが…試しにサブ機のWindows(Surface Laptop Go 2)を使ったら、普通に動いて、ファームウェアアップデートや各種カスタムが出来ました。

TAMRON Lens Utility Windows

今回のアップデートでファームウェアは「Ver.2」になりました。こちらの更新内容は次の通り。

  • 動体撮影時のAF追従性能が向上
  • カメラの「動画撮影時のAFアシスト」機能に対応
  • TAMRON Lens Utility Mobileに対応

実は先日のテスト撮影で、少しだけ動画も撮ってみたんですが、AF追従が少し弱いかな?と、思ったんですよ。もし、今回のアップデートで改善されていたらすごく嬉しいかも。また、Androidスマホがあれば、モバイルアプリからもカスタマイズ設定が可能になるらしいので、これもまた試してみようと思います。それじゃ!また!

created by Rinker
タムロン(TAMRON)
¥143,677 (2024/05/28 15:15:27時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてみんなに伝えよう
目次