ペンタックスKマウントレンズをニコンZマウントで使える変換アダプター「KF-DAZ」を購入しました。

ペンタックスKマウントレンズ(DAレンズ対応)をニコンZマウントのカメラで使用するためのマウント変換アダプター「K&F Concept KF-DAZ」を購入しました。わが家にはツマーが使っているPENTAX K-70というカメラがあり、交換レンズも5本あります。

ペンタックス Kマウントレンズ

このレンズをニコンのミラーレスカメラ「Nikon Z50」で使えたら楽しいかも!そう思って買ったのが『K&F Concept KF-DAZ』です。

K&F Concept KF-DAZ

このマウントアダプターは「DAレンズ対応」になっているので、レンズ側に絞りリングがなくても、ある程度の調整は可能です。銀色のリングをカチカチと回すと絞りを8段階調整することが可能です。

ただ、カメラ側が絞りを認識しないので、撮影時に詳しいF値は分かりません。また、全てマニュアルフォーカスになるので、レンズによってはピント合わせがやりにくかったりします。

K&F Concept KF-DAZ

銀色の突起があるので、ここを押してレンズの着脱をします。それでは実際にレンズを装着してみましょう。

K&F Concept KF-DAZ

「PENTAX DA40mmF2.8 Limited」を装着してみました。35mm判換算で焦点距離61mm相当の画角になります。薄いパンケーキレンズになるので、マウントアダプターを付けても普通のズームレンズと同じようなサイズ感です。

K&F Concept KF-DAZ

Nikon Z50にマウントアダプター経由でDA40mmF2.8 Limitedを付けてみました。予想よりルックスいいですね(笑)実用的かと聞かれると、フォーカスは合わせにくいし、絞りの値も分からないし、使いにくいです。しかし、楽しいです!

DA40mmF2.8 Limited

ZマウントのカメラでPENTAXのレンズを使い、苦労しながら写真を撮る。これがワクワクします(笑)

K&F Concept KF-DAZ

こちらは「PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED」です。NikonのAPS-C純正レンズでは味わえない魚眼ズームレンズになります。

PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED

このレンズもめちゃ楽しいです!とりあえず、今日届いたばかりのマウントアダプターなので、実際にPENTAXのレンズを装着して撮影できるか試しただけです。ですから、しばらく使ってみて作例写真が増えたら、改めてレビューを書こうと思います!

先ほど書いたように、レンズによってはマニュアルフォーカスが使いにくいと感じましたが「HD PENTAX-DA 20-40mmF2.8-4ED Limited DC WR」だけは使いやすかったです。

HD PENTAX-DA 20-40mmF2.8-4ED Limited DC WR

次の休みは、このレンズをNikon Z50に装着して試し撮りしようと思います。それじゃ!また!

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-Nikon Z50