【レビュー】銘匠光学 TTArtisan 50mm f/2:フルサイズ対応で1.1万円…コスパ抜群なのでは!?(提供品レビュー)

焦点工房さんからレビュー用に「TTArtisan 50mm f/2」を送ってもらいました。このレンズ、フルサイズ対応なのに価格が11,750円と激安です。しかも、明るくてコンパクトで軽量、ビルドクオリティも抜群。価格以上の満足感を得られるレンズだと思うので、これはめちゃくちゃ売れるんじゃないかな?

【レビュー】銘匠光学 TTArtisan 50mm f/2

【レビュー】銘匠光学 TTArtisan 50mm f/2

1万円ちょっとで買えるレンズなのに、全然安っぽくない。高級感すら感じる外観と質感です。これは初めてTTArtisanのレンズを触った方なら絶対に驚くポイント。それでは、最初にスペックを紹介します。

  • 焦点距離 : 50mm
  • レンズ構成 : 5群6枚(高屈折レンズ2枚)
  • フォーカス:MF(マニュアルフォーカス)
  • 絞り:F2-F16
  • 絞り羽根:10枚
  • 最短撮影距離:0.5m
  • フィルター径:43mm
  • サイズ:約60mm×約35mm
  • 重さ:約190g

TTArtisan 50mm F2 外観

かなり安いレンズなので、オートフォーカスは使えません。マニュアルフォーカスのみ対応のレンズになります。個人的な話になりますが、少し前からSONYの50mmF2.5G(SEL50F25G)を狙っていました。α7IVに装着して気軽にスナップする標準レンズとして使いたかったんですよ。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥75,000 (2022/12/02 16:10:51時点 Amazon調べ-詳細)

今回レビューしている「TTArtisan 50mm F2」のサイズ感は、50mmF2.5Gと近いものがあります。ですからレビューの話が届いた時はめちゃ嬉しかったです(笑)50mm付近のコンパクトな明るいレンズを探している方だったら気になるレンズだと思います。

TTArtisan 50mm F2 重さ

レンズの重さは、実測190gでした。先ほど話に出た50mmF2.5Gより少し重いけど、その分F2と明るいし、暗い場所での撮影でも便利に使えると思います。

TTArtisan 50mm F2 デザイン

今回レビューする「TTArtisan 50mm F2」はソニーEマウントになりますが、その他、ニコンZマウントや富士フィルムXマウントなど、さまざまな種類があるので、フルサイズ機を持ってない方でも楽しめるレンズです。どれも価格は同じで11,750円です。

TTArtisan 50mm F2 α7IV

SONYのフルサイズミラーレスカメラ「α7IV(ILCE-7M4)」に装着してみました。いい感じのバランスだと思います。コンパクトなレンズになるので、ソニーだったら「α7C」で使うのもよさそう。

TTArtisan 50mm F2 α7IV

レンズを装着した状態のα7IVは、実測853gでした。これくらいの重さだと旅行中、首からぶら下げていても気にならないレベルです。それでは、少しだけ試し撮りしてきた写真を貼っていきます。

スポンサーリンク

銘匠光学 TTArtisan 50mm f/2:作例写真(ボディ:α7IV)

銘匠光学 TTArtisan 50mm f/2 作例写真

今回の写真は全てα7IVのJPEG撮ってだしです。何も加工してないそのままの写真になりますが、α7IVの「クリエイティブルック」というプリセットを使うと、本当に雰囲気のある写真が撮れておすすめです。

まず1枚目は開放で撮った写真です。中心部分はかなりシャープで立体感のある写りだと思いますが、周辺減光はかなり目立ちます。あと四隅はぐるぐるボケまではいきませんが、かなり流れています。この辺りが気になる方はAPC-Cクロップで撮影するのもありだと思います。

TTArtisan 50mm f/2 作例写真

こちらはF8まで絞った写真です。ここまで絞ると全体的にシャープで周辺減光も目立たなくなります。次もF8で撮った写真です。

TTArtisan 50mm f/2 作例写真

少し絞ればシャープになるし、開放で撮るとオールドレンズっぽい雰囲気も味わえるし、1.1万円でこの写りはすごい。

TTArtisan 50mm f/2 作例写真

次に開放での玉ボケですが、とても美しいです!四隅に近づくと多少レモン型になりますが、ドリーミーでふんわりした雰囲気が気に入りました。

TTArtisan 50mm f/2 玉ボケ

また、コンパクトなレンズなので動画撮影に使いたい方もいると思います。明るいレンズなので思いっきり背景をボカしたフルサイズらしい映像が撮れて楽しいと思います。

ただし、手ぶれには注意が必要ですし、少し気になるのは「フォーカスブリージング」です。動画撮影だと、手前にピントを合わせたり、奥にピントを送ったりしますが、その時に画角がめちゃ変化します。この辺りは最後にレビュー動画を貼っておくのでチェックしてください。

【まとめ】レビュー動画

何度も書きますが、フルサイズ対応の標準レンズ「50mm F2」が11,750円ですからね。とにかく安いです。高性能なオートフォーカスや四隅までシャープな解像感を求めるならSONY純正のレンズがいいと思いますが、オールドレンズっぽいフワッとした写りを気軽に楽しむなら「TTArtisan 50mm f2」マジでおすすめです!これから有名なYouTuberやブロガーがレビューしたらすぐに売り切れちゃうと思うので、早めにポチるのが吉。それじゃ!また!

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-SONY α7IV