レンズ・アクセサリー

スチールラックにコンデジを固定したり便利に使える「SmallRig スーパークランプマウント ボールヘッドアーム」レビュー

動画撮影に特化したソニーのコンデジ「VLOGCAM ZV-1」を愛用しています。純正のシューティンググリップやミニ三脚を使えばテーブルの上に設置して気軽に動画撮影を楽しむ事が出来ますが、三脚が置けない場所からの撮影を試したかったのでSmallRigから発売されている「スーパークランプマウント ボールヘッドアーム」を買ってみました。

これがあればスチールラックの支柱や自転車のハンドル、テーブルの角など様々な場所にコンデジを取り付けて撮影する事が出来るんです。

Amazon

スポンサーリンク

【レビュー】SmallRig スーパークランプマウント ボールヘッドアームを使ってみた

SmallRig クランプ

今回自分が買ったのはSmallRig社の「蟹バサミクランプ-735」と「ダブルボールヘッド-2163」がセットになった商品です。使い方は非常にシンプル。クランプ部分を使って15-40mmまでのポールや机などを挟み込む事が可能で、ボールヘッドを使ってコンデジやマイク、モニターなどを固定出来ます。

SmallRig クランプ レビュー

ボールヘッド部分は様々な角度で調整可能なんですが…固定するためのノブが1カ所なので狙った角度で固定するのが難しい感じでした。

SmallRig スーパークランプマウント ボールヘッドアーム

とはいえ、1,399円という価格で撮影の幅が一気に広がるので持っていて損はしないアイテムだと思います。もし、もう少ししっかりとカメラを固定したい場合は「蟹バサミクランプ」を単体で買って、雲台は別で用意するのがいいかも。それじゃ!また!

Amazon

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-レンズ・アクセサリー

© 2020 変デジ研究所