【英語配列/墨】HHKBを購入しました!キートップ交換で可愛くカスタム✨

当ページのリンクには広告が含まれています。

HHKB沼にハマって、これまで3台のHHKBを購入しましたが…またまた「HHKB Professional HYBRID 英語配列/墨」を購入。今回がラストです。ラストにしたいです。ラストじゃないと困ります(笑)

created by Rinker
HHKB
¥31,900 (2024/04/14 11:53:19時点 Amazon調べ-詳細)
目次

HHKB Professional HYBRID 英語配列/墨

HHKB Professional HYBRID 英語配列/墨

これまでの流れを簡単に書いておきます。まず2019年の12月に「HHKB Professional HYBRID Type-S」を購入しました。静音仕様のHHKBで打鍵感も抜群でしたが、2022年に有線タイプの「HHKB Professional Classic」に乗り換えました。

Classicは有線のみに対応したキーボードで、静音仕様ではありません。しかし、個人的にType-SよりClassicの方が好きな打鍵感でした。もうこれ以上HHKBを買うことはないと思っていました。しかし…

3台目のHHKB「HYBRID 日本語配列」を買うことになりました。こちらはWindowsで使うために購入したものですが、使用回数も少なく、日本語配列のレイアウトに馴染めず売却しました。

HHKB ハイブリッド 墨

そして、今回購入したのが「HHKB Professional HYBRID 英語配列/墨」です。今まで「白」のHHKBしか使ってなかったので「墨」の打鍵感も試してみたかったこともこのキーボードを選んだ理由です。

実はHHKBって「白」と「墨」で微妙に打鍵感が違うというレビューが多いんです。実際に比較してみると、確かにちょっと違いがありました。墨の方が、なんというか「シャリシャリ」とした少し硬めの打鍵感で、白の方は「コトコト」が強く柔らかい印象です。

どちらが好きかと聞かれると「白」の方が好きです(笑)だったら、どうして墨にしたんだ?って思われそうですが、メインのキーは「白の無刻印」にすると決めていたのでOKなんです。

HHKB Professional HYBRID 英語配列/墨

以前、半年くらいHHKBのキートップを無刻印にしていたことがあります。基本的なタイピングは問題ありませんが、やはり「数字キー」だけがネックでした。電話番号や暗証番号を入力するときに指が迷ってしまいますし、思考が一時停止してしまうんですよね。

今回のカスタムは中央の英字キーは全て無刻印、周りは刻印ありの墨。そして、純正の「カラーキートップセット2」と、海外サイトで買ったピンクのキートップを組み合わせました。

HHKB キートップ カスタム

黒のキーに黒の印字なので、遠くから見ると無刻印っぽく見えますが、しっかりと印字があります。これにより暗証番号を打つときも安心だし、HHKBだけど個性的なルックスに変身しました。

HHKB キートップ カスタム

少し前にメイン機をMacBook Proにしてから、デスクをスッキリさせたくて「HYBRID Type-S」を使ってきましたが、やっぱり「Classic」の打鍵感が忘れられず、無線タイプだけど打鍵感はClassicと同じ「無印HYBRID 英語配列」を選びました。

この記事も「HHKB HYBRID 英語配列/墨」で書きましたが、やっぱりType-Sより好きな打鍵感でした。

デメリットは、打鍵感が大きいのでカフェやコワーキングスペースで使いにくいこと、そして電池交換が必要なので、意図しないタイミングで集中力が切れることです。

とはいえ、このデメリットは分かった上での購入なので、これからは「HHKB HYBRID 英語配列/墨」をメインで使ってブログを書きまくります!それじゃ!また!

created by Rinker
HHKB
¥31,900 (2024/04/14 11:53:19時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
HHKB
¥2,750 (2024/04/15 02:26:11時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてみんなに伝えよう
目次