DJIから軽量コンパクトなプロ向けスタビライザー「DJI RS 3 Mini」が登場!

DJIが新しく軽量コンパクトなプロ向けスタビライザー「DJI RS 3 Mini」を発表しました。最大積載量は2kgで、主要カメラブランドのフルサイズカメラやAPS-Cミラーレスカメラを取り付け可能です。

DJI RS 3 Mini

横向き撮影時の重量は850g(横向き撮影時は水平アームを使用するので重くなる)、縦向き撮影時の重量は795gと、RS 3 Proよりも約50%、RS 3よりも約40%軽くなっているそうです。

DJI RS 3 Mini 縦撮影

また、縦向き撮影にはデフォルトで対応しているので、Instagramなどに使う縦動画をサクッと撮影できます。

DJI RS 3 Mini クリックリリースプレート

新設計された2層式クイックリリースプレートが採用されているので、カメラの取り付けも簡単になりました。

DJI RS 3 Mini タッチ液晶

カメラとRS 3 MiniをBluetoothでペアリングすると、ジンバル側でシャッターを操作できるようになりますし、タッチ操作が可能な1.4インチの液晶も搭載されています。

充電時間は約2時間で、動作時間は最大10時間とロングバッテリーを実現。価格は51,480円になります。本日よりDJIストア、各種ネットショップで販売スタートです。気になった方はチェックしてくださいませ。それじゃ!また!

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-DJI