【レビュー】たくさん入るのにスッキリみえる「コクヨ バッグインバッグ BIZRACK」タテ型・ヨコ型、両方買ってみた。

2022年2月17日

テレワークや決まった座席を作らないフリーアドレスの普及で、日々ノートパソコンや周辺機器を持ち運ぶ回数が増えている方も多いのでは? 自分はフリーランスなので、自宅以外の場所で仕事をすることもあり、バッグの中がごちゃごちゃしがちです。そこで、コクヨから発売された「BIZRACK」というバッグインバッグを購入してみました。

このバッグインバッグ最大のポイントは「たくさん入るのにスッキリみえる」ということです。実際に使ってみると、確かにその通り。ノートパソコン、タブレット、スマホにマウス。その他、仕事に必要なアイテムを詰め込んでもフラップを閉じればスッキリ見えます。

BIZRACK レビュー

これだけのグッズが入っていると一般的なバッグインバッグだとフラップが閉じない可能性もありますが、BIZRACKは違います。

BIZRACK レビュー

グッズを収納した時のことを考えて立体的なデザインになっています。さらに、マチ部分には伸縮性のあるニット生地が使われているので、荷物が増えた時も安心です。

BIZRACK レビュー

今回、MacBook AirとiPad(11インチ)を収納してみましたが、ニットのマチ部分が少し広がり余裕がありました。もちろん、ノートパソコンを傷つけないように中には仕切りが付いています。

BIZRACK レビュー

今回レビューするのは、トートバッグなどに入れると便利な「ヨコ型」と、リュックなどに最適な「タテ型」です。まずは「ヨコ型」の雰囲気から紹介していきます。

スポンサーリンク

コクヨ バッグインバッグ BIZRACK 13.3インチ ヨコ オリーブグリーン カハ-BRB130DG

コクヨ バッグインバッグ BIZRACK 13.3インチ ヨコ ブラック AMカハ-BRB130D

本体のカラーバリエーションは「オリーブグリーン」「アッシュグレイ」「スモーキーネイビー」「ブラック(Amazon限定カラー)」の4色で、こちらは「オリーブグリーン」になります。落ち着いた色味でビジネスでも日常使いでも、どちらでもOKな雰囲気。

コクヨ バッグインバッグ レビュー

フラップを閉じるとこんな感じです。ちなみにフラップを背面に回して閉じずに使うことも可能です。

コクヨ バッグインバッグ レビュー

フラップにはポケットがあり、ファスナー部分に小さいカバーが付いています。ガジェット類を傷つけないデザインで気に入りました。

コクヨ バッグインバッグ レビュー

ノートPCポケットは13.3インチまで対応、ペン用ポケット、マウス用ポケット、スマホ用ポケット、ACアダプターポケットなど、ポケットの数が多く、細かく分かれているのが特徴です。

BIZRACK レビュー

MacBook Air、iPad、AirPods Pro、ケーブル、SSD、Apple Pencil、ボールペン、iPhone 12 Pro、Kindle Paperwhite、マウス、ケーブル、アダプター、これだけ入れてもフラップを閉じればスッキリした印象になります。

BIZRACK レビュー

こちらは「ヨコ型」になるので、トートバッグなどに最適です。

コクヨ バッグインバッグ レビュー

実際に収納したトートバッグは、Karrimor(カリマー)というブランドの「トリビュート トート」です。いつもMacBook Airを入れて出かけているバッグになりますが、バッグインバッグがあると、出先で使いたいものがサッと出せて便利だと思いました。

コクヨ バッグインバッグ レビュー

収納量に合わせてマチが伸縮してスッキリと見えるバッグインバッグ。ポケットの配置も考えられていて、見やすく、取り出しやすいです。これまでノートパソコンはスリーブケース、その他のガジェットはポーチに入れて持ち運んでいましたが、これからはBIZRACKだけでOKになりそうです。

コクヨ バッグインバッグ BIZRACK 13.3インチ タテ ブラック AMカハ-BRB135D

コクヨ バッグインバッグ タテ レビュー

次はリュックなどに最適な「タテ型のバッグインバッグ「BIZRACK」」になります。こちらも先ほどのヨコ型と同じカラーバリエーションになります。自分が選んだのはAmazon限定カラーのブラックです。

Amazon 限定 コクヨ バッグインバッグ

ヨコ型と同じようなデザインになりますが、ポケットの数や雰囲気が少し違います。特徴的なのはマウス用ポケットでしょうか。

Amazon 限定 コクヨ バッグインバッグ

マウスポケットには「フラップ」が付いています。それでは実際にノートパソコンや周辺機器を入れてみましょう。

Amazon 限定 コクヨ バッグインバッグ

AirPods Pro、ケーブル、SSD、Apple Pencil、ボールペン、iPhone 12 Pro、モバイルバッテリー、マウス、ケーブル、アダプター。メインのポケットにはMacBook AirとiPadが入ってます。

先ほどのヨコ型には入った「Kindle Paperwhite」ですが、タテ型はポケットの形状や大きさが違うので無理でした。それではフラップを閉じてみましょう。

コクヨ バッグインバッグ タテ レビュー

こちらもスッキリした印象です。マウスが入ったポケットにフラップが付いているので、落ちる心配も少なそう。タテ型もいい感じです。

コクヨ バッグインバッグ タテ レビュー

使用したリュックは、モンベルの「ユティリティー デイパック 25」です。

こちらは出張などにも対応したビジネスリュックになるので、スペース的に余裕があり、バッグインバッグ以外に着替えなども入りそうな雰囲気でした。

まとめ

コクヨ バッグインバッグ ビズラック

今回、コクヨのバッグインバッグ「BIZRACKシリーズ」の『ヨコ型』『タテ型』両方を買ってみましたが、どちらも使い勝手抜群でおすすめです。Amazonでの価格は、どちらも4,290円でした。ノートパソコンと一緒に細々したグッズを持ち運ぶことが多い方だったら、便利に使えるアイテムだと思いますので、気になった方はチェックしてくださいませ。それじゃ!また!

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-商品レビュー