【レビュー】RAVPowerの65W4ポート急速充電器「RP-PC136」がドンキホーテで安かったので買ってみた。

RAVPowerから発売されている最大65Wの出力に対応した4ポート充電器がドンキホーテで投げ売りされているとの情報をゲットしたので買ってきました。定価5,499円の商品が、3,299円ですからね。めちゃくちゃ安いと思います!

RP-PC136 レビュー

スポンサーリンク

RAVPower RP-PC136:レビュー

RAVPower RP-PC136

充電器は出力が高くなればなるほど本体サイズも大きくなりがちですが、こちらは単ポート最大65Wの高出力に対応していますが、窒化ガリウム(GaN)を使っているので、コンパクトなサイズに仕上がっています。

ラブパワー 充電器

最近のガジェットはUSB Type-Cを採用しているものが多く、必然的に充電器にもType-Cポートの数が求められますが、こちらはPD対応のType-Cポートが二つ、さらにUSB-Aポートが2つの4ポートになっています。自分は複数のガジェットを一気に充電することも多いので4ポートあると安心です。

RAVPower RP-PC136 レビュー

中に入っていたのは、本体、ケーブル、保証書、説明書です。この充電器は1.5mの電源ケーブルが付属しているので、コンセントから離れた場所でスマホやノートパソコンを充電したい方におすすめです。

RAVPower RP-PC136 レビュー

ポートはこんな感じです。左側にPDが2つ。右側にUSB-Aが2つです。左上のPDポートを単体で使うと65W、その下にあるPDポートも同時に使うと45Wと18Wになります。

RAVPower RP-PC136 レビュー

これがなかなか便利なんです。使うポートに合わせて自動で出力を配分してくれます。Type-CとUSB-Aの組み合わせでも上手に配分してくれるので、複数のガジェットを充電する時に便利です。

PD単ポート利用時 : 最大65W PD2ポート利用時 : C1 ポート45W, C2ポート18W PD単ポート45W+USB-AポートQC18W PD単ポート45W+USB-A2ポート(各ポート5/2.4A) PD2ポート(各ポート18W)+USB-A単ポートQC18W PD2ポート(各ポート18W)+USB-A2ポート(各ポート5/2.4A)

充電仕様は上記の通りですが、個人的におすすめなのはPD1つとUSB-A2つの組み合わせです。

RAVPower RP-PC136 レビュー

このW数なら、MacBook Airを充電しながら、スマホやデジカメのバッテリーを効率よく充電することができます。

RAVPower RP-PC136 レビュー

RAVPower RP-PC136 レビュー

本体にはこんな感じでケーブルを挿して使います。また通電していると本体の一部がふわっと緑色に光ります。

RAVPower RP-PC136 レビュー

ここまで使いやすい便利な仕様の65W4ポート急速充電器が3,299円(税込)だったらお得だと思います!気になった方は動画でもレビューしているのでチェックしてくださいませ。それじゃ!また!

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-商品レビュー