あなたの物欲を刺激するレビューブログ

変デジ研究所

雑記

YouTuberが本当に欲しいVlogコンデジのスペックを考えてみた!

VLOG カメラ

最近様々なカメラメーカーが「自撮り用のフリップ液晶」「マイク端子」「4K動画対応」などをアピールしたコンデジを発売しています。これはVlog(ビデオブログ)を撮影するユーザーが増えてきた事も関係しているのですが…実際にVlogを撮っているユーザーからするとなかなか完璧な機種ってないんですよね。

という事で、今回は自分が考える完璧なVLOGコンデジのスペックをまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

そもそもVlogって何?

そもそも「Vlogって何?」と聞かれると「ロックとは何か?」という質問と同じで答えが難しいのですが…一般的には、ブログで書いていたような情報や日常を動画にまとめた事をVLOGと呼ぶことが多いようです。

ブログが多種多様になっているようにVlogと言っても…撮影スタイルは人それぞれです。旅動画をVlogと呼ぶ事もあれば、日常を撮影する事をVlogと呼ぶ事も、商品紹介動画だってブログと同じ内容であればVlogと言えるでしょう。

こちらは1100万人のチャンネル登録者を誇るCaseyNeistat氏が2015年に公開した「How To Vlog」という動画です。Vlogを撮影している方であれば…影響されてない人はいないのでは!?というレベルのYouTuberです。

2015年の動画になるので…カメラの機種的には古く感じると思いますが…基本的なVlog撮影スタイルはこの時点で完成されています。動画をチェックすると…ゴリラポッドに一眼レフとマイクを装着して自撮り動画やタイムラプス、そして日常を切り取り公開しているのが分かります。また一眼レフだけじゃなくコンデジも併用しているんです。

Caseyが愛用していたコンデジといえば…「Canon G7 X markⅡ」が有名でした。その後、オートフォーカスが遅い4Kに対応してないなどの理由でソニーの「RX100M5」に乗り換えます。

さらに…2018年に「RX100M6」をVLOG撮影に最適なカメラだと評価していますが…それと同時に1200ドルの価値があるのか?とも言っています。

もちろんCaseyが使っているカメラは他にもたくさんありますが…一般的なコンデジジャンルだとこんな流れで使っていました。ここで…現在注目されているVlogコンデジをチェックしてみましょう!

スポンサーリンク

PowerShot G7 X Mark III

PowerShot G7 X Mark III

Caseyも愛用していた「Canon G7 X markⅡ」の後継機「PowerShot G7 X Mark III」です。クロップ無しで4K30コマの動画が撮影可能でマイク端子も搭載されました。また単体でYouTubeにライブ配信も可能。完全にVlogユーザーにターゲットを絞ってきたカメラになります。

価格も85,377円(現在のAmazon価格)と、高級なコンデジになりますが…RX100シリーズと比較すると安く…自分も購入寸前でしたが…問題がありました。

こちらも海外のYouTuber「Potato Jet」ことジーン・ナガタ氏の動画です。この動画を見てもらうと分かりますが…動画撮影で使った場合、オートフォーカスが異常なほど遅いんですよね。

また、4K動画撮影時にオーバーヒートして動画がストップする事も多いそうです。これらは…Potato Jet氏が買ったPowerShot G7 X Mark IIIがダメな訳じゃなく…ネットでの口コミをチェックするとみんな同じような書き込みをしています。

こうなってくると…Vlogコンデジ購入候補から外れてしまいますよね。

RX100VII(DSC-RX100M7/RX100M7G)

DSC RX100M7

最近話題のコンデジといえば…RX100VIIです。こちらは「RX100 VII(DSC-RX100M7)高いけどやっぱり欲しくなる3つのポイント!」という記事に書いたように1型センサーを搭載した高級コンデジで、静止画だけじゃなく動画撮影機能も抜群のカメラになります。

ソニー公式から公開されたJETDAISUKE氏の動画をチェックすると…オートフォーカスの性能が信じられないほど速いです!レンズは広角から望遠まで24-200mmをカバーするので旅動画にも使えそうです。またマイク端子も搭載されているので音声にもこだわりたいVlogユーザーにもおすすめ。

と、ここまでは完璧なイメージなんですが…自分としてはレンズのF値がF2.8-4.5と少し暗いのが気になります。暗所での撮影や背景ボケを使った自撮りを考えると「RX100M5A」に搭載されていた「24-70mm F1.8-2.8」というレンズの方が魅力的なんですよね。

まだ噂レベルですが…RX100M7にRX100M5Aのレンズを搭載したモデルが登場するという話もあるので…Vlog用途でコンデジを買うのであれば…少し待った方がいい気もします。

アクションカメラをVLOGで使う

DJI OSMO Action

アクションカメラもコンデジだと考えると…DJI OSMO ActionもVlog撮影に最適だと思います。しかし…RockSteady(ロックステディ)という手ぶれ補正を使うと画角が一気に狭くなるのがネックで、人物を撮影した時の色味やマイク性能などを考えるとこれも完璧ではないと思います。

またこちらも噂レベルですが、GoPro HERO8には液晶モニターが装着可能なハウジングが別売されるという話も出ているので…Vlogで使うなら良さそうです。しかし…カメラ本体に液晶があった方が本当は便利なんです。

今、本当に欲しいVlogコンデジのスペック

だらだらと様々なコンデジのダメ出しをして…自分も落ち込んできました(笑)ここで「まとめ」です!ここ数年Vlogに特化したカメラが欲しいと思っていましたが…なかなか完璧な機種が発売されないので自分の欲望を思いっきり詰め込んだカメラを考えてみました。これが発売されたら…15万円までだったらすぐに買います!

  • 撮像素子:1型CMOS(欲を言えばAPS-C)
  • 焦点距離:20mm〜70mm
  • F値:F1.8~F2.8
  • バリアングル液晶
  • マイク端子搭載
  • フラッシュ非搭載、アクセサリーシューあり
  • ポップアップファインダー搭載
  • 4K60fps対応
  • インターフェース:USB-C(給電しながら撮影可能)
  • 動画撮影時に熱暴走しない

これが自分が欲しいVlogコンデジのスペックです(笑)個人的に広角側を24mmではなく20mmスタートにしてもらうと…自撮りする時におっさんの圧が弱まるので嬉しいです。またF値はF1.8からスタートで背景ボケも楽しみたい。

マイク端子があるのは当然として…フリップ液晶だと上部に小型のマイクが設置出来ないのでバリアングル液晶にしてもらいたいです。上部にアクセサリーシューがあれば…マイクを取り付けた状態で自撮りが出来て便利だと思います。この仕様だとフラッシュは邪魔になるので必要ありません。

動画に特化したコンデジが欲しいと思っていますが…やっぱり写真も撮りたいので…RX100M7のようにワンタッチでシュパッっと飛び出るファインダーが欲しいです。インターフェイスはUSB-Cで給電しながら撮影が出来れば…ライブ配信などを行う時に便利ですよね。もちろん長時間の動画撮影でも止まらず動いて欲しい。

こんな感じです!サイズはRX100シリーズと同じくらいでお願いします!ズームが無理なら…F1.8の20mm単焦点のコンデジでもオッケーです。その場合はAPS-Cでお願いします!(要望がエスカレートしてきた)

いやぁ…久しぶりに欲望のままキーボードを叩きまくって満足です!皆さんの欲しいVlogコンデジのスペックも教えてもらいです!それじゃ!また!

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で
\シェア&高評価お待ちしてます!/
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (3 投票, 平均点: 5.00)
読み込み中...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!

-雑記

Copyright© 変デジ研究所 , 2019 All Rights Reserved.