Apple Watch SEのバッテリーが85%に減ったので買い換えを検討

当ページのリンクには広告が含まれています。

Apple Watchを使い始めて3年になりました。自分が使っているのはApple Watch SE(初代)です。電話やLINEの通知を受け取ったり、ウォーキングや運動の記録、水分補給の管理などなど、機能的な部分は満足しています。

しかし、3年間も使うとバッテリーが消耗するんですよね。

Apple Watch バッテリー 85%

現在のバッテリー残量は85%で「バッテリーの減りが早いな」と思うようになりました。バッテリーの減りが早いと充電する回数も増えますが、こうなったときに急速充電に対応していないApple Watch SEは不利だと思います。

同じApple Watchでも、ツマーが持っているSeries 7は「急速充電」に対応しています。ですから、旅行中にホテルに戻り、少し休憩してから外出する。そんな隙間時間にSeries 7を充電すると、かなりバッテリーが復活しますが、SEは本当に少ししか充電されません。

ですから、次に買うApple Watchは急速充電に対応したモデルがいいと思っています。問題は最新のSeries 9を買うか、少し安くなったSeries 8を選ぶか…このあたりがポイントになります。

Apple Watchの買い換えで迷っているイラスト

しかし、Series 8とSeries 9の違いって劇的じゃないんですよ。画面が明るくなったり、Siriがオフラインで動作したり、ダブルタップのジェスチャーが使えるようになっていますが、バッテリーの持ちなどは変わらないので、安い方でいいかなと、思うんですけど、でも、やっぱり買い換えるなら最新のモデルがいい?

なんて感じで、ここ数日、Apple Watchの買い換えで迷っていましたが、ここまで書いたら、思い切ってSeries 9を買った方が幸せになれそうな気がしたので、今から買いに行こうかな(笑)それじゃ!また!

追記:迷いに迷ってこうなりました👇

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえたら嬉しいです
目次