【3週間レビュー】Fire Max 11のキーボードセットを買って後悔した理由

当ページのリンクには広告が含まれています。
Fire Max 11 デメリット

現在開催中の「Amazonプライムデー(先行セール)」で安くなっている「Fire Max 11」を発売日に購入して、25日間、毎日使ってきました。以前使っていたFire HD 8 Plusなどと比較すると、動きもサクサクだし画面も綺麗。スピーカーもいい感じで、Netflixなどの動画を見たり、音楽を聴いたりするの快適です。

しかし…毎日使って気づいたことがあります。便利だと思ってセットで買った「キーボード」や「スタイラスペン」ですが、ほとんど使ってないんです。これは完全に自分の運用方法に問題があるんですけど、Fire Max 11を予約した時、自分のメイン機は一体型デスクトップ機のiMacでした。

実は、Fire Max 11と同じタイミングで、メイン機をノートパソコンに変えたんです。最初のイメージは、iMacは自宅での仕事、Fire Max 11は外出時に少しだけブログの下書きをしたり、読書をしながら手書きでメモしたり。そんな使い方をイメージしていました。

それにもかかわらず、ノートパソコンをメイン機にしたことで、Fire Max 11を持ち出す必要がなくなってしまったんです。Fire Max 11はキーボードをセットにすると意外と重いし、それだったらノートパソコンにしようって流れになってしまうんですよ。

読書 手書き Fire Max 11

スタイラスペンは、比較的便利で画面を分割して、半分にKindle、半分に「OneNote」を起動する感じで使えてます。とはいえ、書き心地がいいか?と、聞かれると微妙な感じもあり、結局タブレットだけで読書することのほうが多かったです。

目次

購入日に買って損をした(金額的に)

自分はFire Max 11を予約して購入しました。Amazonデバイスなので、予想していましたが…今回のセールで驚くほど値下げされました!本体の価格は23%オフの26,980円です。なんと8,000円オフです。

発売から1ヶ月も経ってないのに、こんなに値下げされると、流石にショックです。

Fire Max 11本体をタブレットとして使った場合の使用感は、70点くらいなので、セール価格の26,980円くらいが適正なのかも。個人的に24,800円くらいでもいいと思いますけど(笑)ということで、Fire Max 11のキーボードセットを買ったけど、本体だけでも良かったかなーという愚痴でした。それじゃ!また!

Fire Max 11 デメリット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえたら嬉しいです
目次