FireHDシリーズ

ワイヤレス充電対応でスマートスピーカーとしても使える「Fire HD 8 Plus」をポチりました。

Amazonが「Fire HD 8」タブレットの新モデル「Fire HD 8」「Fire HD 8 Plus」「Fire HD 8 キッズモデル」を発表しました。6月3日発売予定で、自分はワイヤレス充電に対応した「Fire HD 8 Plus」と「ワイヤレス充電スタンド」をセットで予約しました。

Amazon

スポンサーリンク

Fire HD 8 Plus(ワイヤレス充電スタンド付き)

自分が注文した「Fire HD 8 Plus」最大の特徴は「ワイヤレス充電対応」です。またタブレットを横向きでスタンドに置くと、自動的にShowモードが起動し、充電しながら、Alexaを使ってそのままハンズフリーでタブレットを使用する事も可能になります。

Fire HD 8 Plus

さらにFire HD 8と比較するとメモリが1GB多い「3GB」になっているのも魅力です。メモリが増えた事で全体的な操作性が向上しているはずです。本体の解像度は相変わらず1280×800ドットでイマイチですが…輝度やコントラスト比などは向上しているので前モデルよりは快適に動画視聴を楽しめそうです。

Fire HD 8 Plus 液晶

わが家では2014年に発売されたFire HD 6をプライムビデオ鑑賞専用で使ってきましたが、さすがに6年も使うとバッテリーの持ちも悪くなって使い勝手が悪くなっていたんですよね。

ですから、今回注文した「Fire HD 8 Plus」も動画視聴が主な目的になりますが、Kindleで雑誌を読んだり、スマートスピーカーのように使える「Showモード」を使ったりするのが楽しみです!

今回はポチった報告で簡単な記事になっていますが、Fire HD 8 Plusが届いたらしっかりとレビューを書きたいと思います。ちなみにワイヤレス充電に魅力を感じない場合は無印Fire HD 8 Plusが9,980円と価格も安くてオススメです。それじゃ!また!

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-FireHDシリーズ

© 2020 変デジ研究所