変デジ研究所

トイデジ カメラ関連商品レビュー 撮影スポット

Spinner 360°

ロモグラフィー

カメラがグルっと一回転!スピナー 360°(Lomography Spinner 360° )レビュー

投稿日:2010年10月27日 更新日:

はい!新しいカメラがわが家に届きましたよ!(2010.10.27)今回は「ロモグラフィー スピナー 360°(Lomography Spinner 360° )」です!360度のパノラマ写真が撮れる!デザインも動きも強烈なフィルムカメラです!

ロモグラフィー スピナー 360(Lomography Spinner 360° )

スピナー 360

横にするとこんな感じ。

スピナー 360

箱の裏側には360°パノラマ写真や撮り方のイラスト。それでは開封してみましょう!

スピナー 360

本体と説明書やポスターなどなど。

スピナー 360

かなり大きなパノラマのポスターが入っていました。

スピナー 360

スピナー 360

裏面にはどうやって撮ったらこんなパノラマが撮れるか?それが分かる使い方のイラスト。

スピナー 360

Spinner 360°上部はこんな感じ。水平を計るためのイルカが可愛い!

スピナー 360

ここで「晴れの日」や「曇りの日」の設定。そして「フィルムを巻き戻すときの設定」もあります。

スピナー 360

このリングをグイッと引っ張って撮影です!で、このカメラでどんな写真が撮れるのか、、、まずはLomographyの説明文を引用します。

Spinner 360°は、1980年代の近未来的なコンセプトからヒントを得て生まれた、世界で最も自由奔放な360°パノラマカメラ。片手でSpinner 360°カメラの軸をしっかり持ち、もう片方の手でコードを引いて手を放してみましょう。カメラは一瞬で360°回転!従来の35mmフィルムカメラで撮影した1コマ分の4倍以上長いサイズを使って、あなたのまわりのすべてを写し出します。

リング引っ張って手を離すとカメラが一瞬でグルッと回転します!これで360°の写真が撮れるんです!すごいぞ!スピナー 360°!でも・・・一枚の写真でフィルム4コマくらい使うので36枚撮りのフィルムを使っても多くの写真が撮れません。しかもプリントしてくれる写真屋さんがないのがネックです。

※記事執筆時2010年当時はロモグラフィーのロモラボが対応していましたが現在は閉鎖されています

ロモグラフィー スピナー 360:作例写真

今回はロモグラフィーの現像サービスを使って現像しました。価格は現像とプリントそしてデータCDが付いて2,835円でした。しかも・・・届いてびっくり!パッケージがめちゃくちゃオシャレです!

スピナー 360:作例写真

ネガは箱に入ってます!写真もオシャレな薄いボックスに入って届きました!

スピナー 360:作例写真

写真のボックスを開けるとデータCDと写真が。今回使ったフィルムはコダックの400です。Lomographyの現像サービスはかなりよかったです!パッケージもデザインされていてフィルムカメラで撮った喜びが倍増します!ブロガーとしてはデータCDが付いてくるのが嬉しい!プリントもよかったけど、スキャンしなくてもMacに読み込んですぐにブログなどに載せる事が出来るので便利です!それでは何枚かSpinner 360°で撮った写真を載せますね!

spinner360° コスモス畑
spinner360° クライミング
spinner360° 棚田にて

ほほう!やっぱり面白い写真が撮れますねー!今回は大きな写真を見れる様にflickrに写真をアップしたので写真をクリックするとflickrのページに飛びます。自分が写り込まないように頭の上でシャッターを切ったり、スピナー 360°を横にしてみたり、あれこれ試しましたが・・・とにかく撮れる枚数が少ないので・・・今回現像して出来上がった写真は5枚でした。面白い写真が撮れるカメラなんですが、、、とにかく現像してくれるお店がないのがネックですね・・・それじゃ!また!

広告

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で
この記事は 1人の方にシェアされています。
「シェア&高評価」よろしくお願いします!
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (2 投票, 平均点: 5.00)
Loading...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!

-ロモグラフィー

Copyright© 変デジ研究所 , 2017 All Rights Reserved.