あなたの物欲を刺激するレビューブログ

変デジ研究所

商品レビュー

1万円以下でiPhoneに激似の中華スマホ「UMIDIGI A3 Pro」レビュー

2019年1月14日

UMIDIGI A3 Pro レビュー

母親がスマホを使ってみたいと話していたので練習用に安いスマートフォンを買ってみました。今回紹介するのは「UMIDIGI A3 Pro」という機種で見た目はiPhone Xシリーズにそっくりです。最大の魅力は…1万円以下という価格です!(2019/01/14 Amazon価格:9,837円)

しかも…数年前の激安スマホとは違い予想以上にサクサク動きます。お子様や高齢のご両親が使う初めてのスマホだったらこれでオッケーなのでは!?と思うレベルです。

ノッチ付きのディスプレイは最新機種を使っているぞ!と感じる事が出来ますし、指紋センサーだけじゃなく顔認証機能まで搭載しています。1万円以下なのに…びっくりします!

スポンサーリンク

UMIDIGI(ユミデジ) A3 Pro レビュー

UMIDIGI A3 Pro レビュー

外箱はこんな感じ。意外とオシャレです。

ユミデジ A3 Pro

箱を開けるとメッセージカードが入っていました。それでは本体や付属品を確認してみましょう!

ユミデジ A3 Pro レビュー

本体、USBケーブル、ACアダプター、説明書(SIMピン付き)が入っていました。

UMIDIGI A3 Pro

UMIDIGI A3 Proが凄いと思ったポイントは…1万円以下で買えるスマホなのに最初からケースが付属しているんです。しかも…レザー調のケースで高級感があります。

UMIDIGI A3 Pro

ケースを取り外すとこんな感じ。

ユミデジ A3プロ

デュアルレンズ、ボリューム、フラッシュ、電源ボタン、指紋認証、SIMスロットの場所が分かるようにシールが貼ってありました。

ユミデジ A3プロ

そして…ケースだけじゃなく液晶保護シートも最初から貼ってあります!ケースと保護シートを後から買わなくていいのでお得ですよね。

ユミデジ A3プロ

本体背面のデザインはこんな感じです。なんども同じような事を書いていますが…1万円以下のスマホとは思えないほどの高級感です。

UMIDIGI A3 Pro

下側面にはイヤホンジャック、USBポート、スピーカーがあります。最新のスマホに寄せたデザインですが…スピーカーはモノラルですし、USBはMicroUSBだったり見劣りする部分はあります。とはいえ…イヤホンジャックがあるのはやっぱり便利ですよね。

A3 pro レビュー

左側面にはSIMスロットがあります。自分は母親がスマートフォンの操作を練習するために購入したので使っていませんが…

A3 pro レビュー

Nano SIMで4G DSDV(Dual SIm Dual VoLTE)対応になっています。さらにmicroSDカードも挿せるトリプルスロットになっています。対応バンドはこちら。

2G:GSM 2 / 3 / 5 / 8
3G:WCDMA 1 / 2 / 4 / 5 / 8
4G:TDD-LTE 38 / 40/ 41
FDD-LTE 1/ 2 / 3 / 4 / 5 / 7 /8 /12 /13 /17 /19 /20

UMIDIGI A3 Pro SIMカード

SIMカードの設定画面はこんな雰囲気です。

UMIDIGI A3 Pro

右側面には音量ボタンと電源ボタンが配置されています。

UMIDIGI A3 Pro

カメラ部分はデュアルレンズで少し出っ張っています。ただ付属のケースを取り付ければフラットになるので問題ないかも。しかし…iPhoneに似てるなぁ(笑)

UMIDIGI A3 Pro

起動画面はこんな感じ。カッコいい。

UMIDIGI A3 Pro

もちろん日本語に対応した機種になるので…最初の設定で日本語を選べばオッケーです。

UMIDIGI A3 Pro 設定

UMIDIGI A3 Pro 設定

後は普通に設定を進めていくだけです。

UMIDIGI 指紋認証

A3 Pro 顔認証

指紋認証も設定出来るのは嬉しいです!しかし…しばらく使ってみた感想としては三回に一回は失敗します。ですから、指紋認証だけじゃなく顔認証も設定しておくのがオススメです。

一般的なAndroidになるのでPlayストアアプリも使えます。試しにTwitterのアプリをインストールしてみました。

UMIDIGI A3 Pro フリック

UMIDIGI A3 Proは「HD+(1512x720)」の解像度になるので…そこまで綺麗な画面ではありません。しかし…実際に使ってみると予想より綺麗だし文字が滲んで見えるような事もなかったです。

フリック入力や画面タッチの感度も速くはないんですが…スマホ初心者であれば問題ないかな。昔のAndroidスマホのようにイライラするほど遅いって事はないです。

UMIDIGI A3 Pro ノッチ

ただし…ゲームをする方は注意が必要です。ノッチが微妙で画面の一部が見えなくなったり操作出来ない事もあります。

また、ウェブブラウジングやLINEなどの操作はストレスなく使えますが…ゲームになるとカクカクした動きになってしまうので、ゲーム目的で買うのはオススメ出来ません。

UMIDIGI A3 Pro カメラ機能

UMIDIGI A3 Pro カメラ

こちらがUMIDIGI A3 Proで撮った写真です。見た目はiPhone Xに似ていますしデュアルレンズになっているので期待しましたが……写りはやっぱり古いスマホレベルです(笑)

とはいえ写真はスマホじゃなくてカメラで撮るよって方もいると思うので…SNSにパパッと写真を載せるくらいならこれでもOKかも。

次の写真は同じ場所でHDRをオンにして撮ったものです。

UMIDIGI A3 Pro カメラ

先ほどの写真と比較すると左上の影になっている部分が明るく補正されているのが分かると思います。まぁまぁ綺麗に撮れていますが…やっぱり暗い部分はノイズが多めですね。

UMIDIGI A3 Pro カメラ

カメラのモードは標準、パノラマ、depth of focusの3種類。この「depth of focus」というのはデュアルレンズを使って擬似的に背景ボケを作り出す機能の事ですが…驚くほど酷かったです(笑)

UMIDIGI A3 Pro depth of focus

depth of focusをオンにした状態でカメラを起動するとスライダーが表示されます。上の画像は0の状態です。このスライダーをプラスに移動させると…

UMIDIGI A3 Pro depth of focus

UMIDIGI A3 Pro depth of focus

被写体を認識して背景をボカす訳ではなく、周辺をソフトフォーカスにするだけのエフェクトでした(笑)デュアルレンズの意味がない!でも…これはこれで面白い写りだと思うんですよ。

UMIDIGI A3 Pro depth of focus

タップした場所だけ丸く残るので幻想的な写真を撮る事が出来ます。まぁ…自分は変なデジカメが好きなので楽しめますが…普通に考えるとカメラ機能はダメダメだと思います(笑)

UMIDIGI A3 Pro カメラ

UMIDIGI A3 Pro カメラ

デフォルトのカメラを使うとこれくらいの写りですが…Androidのカメラアプリなどを使えばもう少し綺麗に撮影する事も出来ると思います。

まとめ

UMIDIGI A3 Pro

今回はUMIDIGI A3 Proを母親に渡す前に数日使って試した感想を書いてみました。多少タッチ感度が悪いと感じる場面もありましたが…一万円以下で買えるスマホだと思えば満足感が高いと思います!

スペックをチェックすれば…そこまで高性能なスマホではないと分かりますが、Androidを試してみたい、スマホを使った文字入力の練習、ウェブブラウジング、LINEなどのメッセージのやり取り、インスタグラムやTwitter、フェイスブックなどの観覧、本当に簡単なゲームで遊ぶ。そんな使い方だったらオススメ出来ます。

UMIDIGI A3 Pro 自撮り

SNOWみたいにウサギの耳とか生やした自撮りも出来ます。商品ページをチェックすると…謎の日本語も多くて怪しい雰囲気なんですが技適さえ取れば日本で爆発的に売れそうな予感がするメーカーです!それじゃ!また!

簡単なスペック紹介(Amazonより)

CPU:MT6739、3GB RAM+32GB ROM(256GBまでのSDカードをサポート)、 Android 8.1、 5.7インチHD+ 全画面 19:9アペクト比ディスプレイ、12MP+5MPリアデュアルカメラ 8MPフロントカメラ 3300mAh Bluetooth GPS

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で
\シェア&高評価お待ちしてます!/
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (12 投票, 平均点: 4.17)
読み込み中...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!

-商品レビュー

Copyright© 変デジ研究所 , 2019 All Rights Reserved.