キーボード・マウス

【レビュー】ミニマムな60%キーボード「RK61 ゲーミングキーボード」を使ってみた!バックライトがキレイでGateron赤軸も軽くて打ちやすい!

2020年8月3日

現在自分は「HHKB Professional HYBRID Type-S」という静電容量無接点方式というキースイッチを採用した、長時間のタイピングでも疲れにくい、そして耐久性の高いキーボードを愛用しています。

最高のキーボードで満足していますが…今まで使った事がない「Gateron赤軸」というキースイッチを試してみたくなり、新しくRoyal kludgeの「RK61 ゲーミングキーボード」を購入しました。Amazonのセールで5,533円(定価:7,980円)になっていたのでコスパは抜群。実際に使ってみると打鍵感も抜群ですし何よりRGBバックライトがめっちゃキレイです!

Amazon

スポンサーリンク

RK61 ゲーミングキーボード レビュー

RK61 ゲーミングキーボード レビュー

価格の安いキーボードになりますが、予想よりおしゃれなデザインのパッケージでよかったです。

RK61 ゲーミングキーボード 開封レビュー

開封して中に入っていたのは、キーボード本体、ケーブル、キープラー(キーキャップ引き抜き工具)、合格証、取扱説明書などが入っていました。簡易説明書は日本語に対応していました。(メインの説明書は英語のみ)

RK61 ゲーミングキーボード レビュー

RK61 ゲーミングキーボードというネーミングから分かると思いますが、キーの数は61個になります。いわゆる60%キーボードというタイプです。

通常のキーボードと違い、テンキーもありませんし、上部にファンクションキーもありません。矢印キーもありませんが…ファンクションキーと他のキーを組み合わせる事で様々な操作が可能になります。

RK61 ゲーミングキーボード レビュー

本体側面をチェックすると立体的なデザインになっていることが分かります。これは指を置いたときに打ちやすいように考えられた形状になっているのですが…他のキーボードと比較すると若干キーが高いです。

RK61 ゲーミングキーボード レビュー

有線接続、Bluetooth接続(無線)両方に対応したキーボードになっています。有線接続はUSB-Cを使います。

RK61 ゲーミングキーボード レビュー

Bluetooth接続に切り替える時は、本体底面にあるスイッチをオンにします。

Bluetooth接続ですが、こちらのキーボードはマルチペアリングに対応していて、最大3台までの機器と接続可能です。接続方法は「Bluetoothスイッチをオン」〜「Fnキー+Q、W、Eキーを長押し」〜「長押ししたキーが点滅」〜「パソコン側で接続」といった流れになります。

RK61 ゲーミングキーボード Bluetooth接続

RK61 ゲーミングキーボード Bluetooth接続

Bluetoothの仕様が3.0になるので、5.0と比べると多少遅延もありますが…一般的な文章入力であれば問題なく使えると思いますし、あまりにも遅延が気になる場合は有線で使う事も可能なので問題ないと思います。

RK61 ゲーミングキーボード チルト機能

本体底面をチェックするとこんな感じです。人によってはデメリットになると思いますが…RK61 ゲーミングキーボードには角度を調整するチルトスタンドがありません。ですからデスクに置いた時パームレストを使わないと微妙に打ちにくい感じがしました。

RK61 ゲーミングキーボード パームレスト

RK61 ゲーミングキーボード パームレスト

FILCOのウッドパームレストを使うと高さもジャストでかなりタイピングしやすくなりました。

次はバックライトを試してみましょう!パターンの変更は「Fn+ \ | キー」を使います。様々なバリエーションが用意されていてパターンを変更するだけでも楽しいです。

RK61 ゲーミングキーボード バックライト 調整

その他、カラー変更は「Fn+>」明るさの変更は「Fn+]}」、「Fn+[{」を使います。実際に光らせてみるとこんな感じです。

RK61 ゲーミングキーボード バックライト

暗い場所で光らせるとかなりキレイです!

RK61 ゲーミングキーボード バックライト

様々な光らせ方を試しているだけでワクワクします。

RK61 ゲーミングキーボード 赤軸 

自分が選んだのは赤軸になりますが、それ以外に「青軸」「茶軸」を選ぶ事も出来ます。

赤軸の特徴は、クリック感のないスイッチで押し心地が非常に滑らかで軽い事です。

RK61 ゲーミングキーボード 赤軸

実際に昨日からRK61 ゲーミングキーボードを使ってブログを書いたり仕事をしていますが、打鍵音も比較的静かで押下圧も詳しくは分かりませんが45gくらいの印象です。軽くて打ちやすいキーボードになるのでゲーム用途だけじゃなくお仕事でも使えると思います。何より可愛いし。

RK61 ゲーミングキーボード 口コミ

唯一の欠点としては…矢印キーの使い方です。「Fn+Enter」でオンオフの切り替えが出来ますが、文章を打ちながら矢印キーをオンにすると「/ ?キー」が「↑キー」と兼用になってしまうんです。

RK61 ゲーミングキーボード 矢印キー

自分はショートカットキーを使ってカーソルの移動をしているので問題ない感じですが…テキスト入力時に頻繁に矢印キーを使う方は慣れるまで戸惑う部分だと思います。

以上、ミニマムな60%キーボード「RK61 ゲーミングキーボード」を使ってみた感想をサクッと書いてみました!高級なゲーミングキーボードは買えないけど…青軸や茶軸、赤軸などを使った光るゲーミングキーボードを使ってみたい!そんな方におすすめの1台だと思いました。

今回の記事も全てRK61 ゲーミングキーボードを使って書いていますが、タイピングも滑らかで打鍵音も心地よく快適です。気になった方はAmazonへのリンクを貼っておくのでチェックしてくださいませ。それじゃ!また!

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で
\シェア&高評価お待ちしてます!/
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (2 投票, 平均点: 5.00)
読み込み中...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!

-キーボード・マウス

© 2020 変デジ研究所