変デジ研究所

📸写真を撮るのが少しだけ楽しくなるブログ

デジタル一眼レフ

2006年発売610万画素の一眼レフ「NIKON D40」キットレンズとの組み合わせが最強!

投稿日:

NIKON D40

2006年に発売された610万画素のデジタル一眼レフ「Nikon D40」そして標準キットレンズとして付属していた「AF-S DX ズームニッコール ED 18-55mm F3.5-5.6G II」今回この組み合わせで近所をパパッと撮ってきたんですが…12年前のカメラとは思えないほど雰囲気のある写真が撮れました!

スポンサーリンク

Nikon D40 キットレンズ 作例写真

NIKON D40

久しぶりにD40を引っ張り出してきて…最初に撮った写真がコチラです。キットレンズなのに背景もそこそこボケるし雰囲気のある写真が撮れました!

そもそも今回なぜD40を使おうと思ったのか?それは…「たった三万円ちょっとで一眼レフを始める - Togetter」というまとめ記事を読んだからです。

確かに古くて安い一眼レフになりますが…レンズやストロボの使い方などを学ぶにはいいかも。そう思いました。

で、D40だったら…いつも使っているレンズ「TAMRON SP45mm F1.8VC」を使えば綺麗な写真が撮れるのでは!?そう思って撮った写真がコチラです↓

D40 SP45mm F1.8

背景ボケボケの綺麗な写真が撮れましたが…高いレンズを使えば綺麗に撮れるのは当たり前。そこまで面白みはありません。

だったら最初から付いているプラスチッキーで軽くて安っぽいレンズ「18-55mm F3.5-5.6G II」で撮った方が楽しいのでは!?D40の良さが出るのでは!?と思って近所を撮り歩いてきました!

D40 作例写真

望遠側で撮影すれば背景ボケも綺麗で楽しめる雰囲気です。しかし…それだけだと面白くないのでLightroomで写真を読み込みフィルムっぽく仕上げてみました。

D40 作例写真

少しだけ粒子感を出してノスタルジックな色味に変えてあげたら…いい感じの写真になりました!以下、D40&キットレンズの組み合わせで撮った写真をLightroomでフィルムっぽく仕上げたものになります。

D40 作例写真

D40 作例写真

先ほど書いたようにボケを楽しみたい時は望遠側で被写体にグッと近づいて撮影します。

D40 作例写真

暗いレンズですが…これくらい背景がボケてくれれば一眼レフで撮ったぞー!って雰囲気も味わえます。こういった部分も初心者が楽しめるポイントになりますよね。

D40 作例写真

しかし…古いカメラとレンズになりますので逆光や明暗差が激しいシーンでは撮影が難しくなります。

D40 作例写真

そういう時はズームを使って被写体に寄った写真を撮るなど…工夫するのも古いカメラならではの楽しみ方かと。

D40 作例写真

この写真も元写真は光が当たった部分以外は真っ黒に近い感じでしたが…今はLightroomなどの画像編集ソフトが高機能なのでシャドウ部分の持ち上げも簡単で雰囲気のある写真に仕上げる事が出来ます。

D40 作例写真

D40 作例写真

D40 作例写真

D40 作例写真

D40とキットレンズの組み合わせはとにかく軽くて小さいのでお散歩しながら道端に咲いている花などを撮り歩くのが楽しかったです!

D40 作例写真

D40 作例写真

D40 作例写真

5年以上前の話になりますがD40を変デジ研究所の読者さんから戴いてから、しばらくは「Nikkor 50mm F1.8D」との組み合わせで使っていました。しかし標準ズームレンズはほとんど使ってなかったので今回の撮影は凄く新鮮でした!

NIKON D750 D40

いつも使っているNikon D750と並べてみると…親子のようなサイズ感(笑)小さくて可愛いです。とにかく凄く気に入ったのでしばらくD40と過ごしてみようと思います!それじゃ!また!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で
\シェア&高評価お待ちしてます!/
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (9 投票, 平均点: 4.11)
Loading...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!

-デジタル一眼レフ

Copyright© 変デジ研究所 , 2018 All Rights Reserved.