24インチiMac(M1, 2021)におすすめ「Hyper Drive 6in1 USB-C Hub for iMac 24インチ(2021)」レビュー

M1チップを搭載した24インチiMacのために設計されたクランプ式USB-Cハブ「Hyper Drive 6in1 USB-C Hub for iMac 24インチ(2021)」を購入しました。手が届きにくい裏側のポートを使わず、iMac前面からポートにアクセスできて便利です。また、カラフルなフェイスプレートが付いているので、24インチiMacのすべてのカラーバリエーションに合わせて使えるのもポイント。

スポンサーリンク

レビュー:HyperDrive 6in1 USB-C Hub for iMac 24インチ

Hyper Drive 6in1 USB-C Hub for iMac 24インチ(2021)

Intel版のiMacでも似たようなアイテムが発売されていましたが、こちらは「24インチiMac(M1, 2021)」のために作られたUSB-Cハブになります。自分が使っているM1 iMac(24インチ)は、シルバーなのでフェイスプレートもシルバーを選びましたが、カラフルな可愛いiMacにフィットするプレートも用意されているので、一体感のある見た目に仕上がります。

HyperDrive 6in1 USB-C Hub for iMac 24インチ

商品画像を見ると、簡単に着せ替えできそうな雰囲気ですが、実際はシールでガッツリ貼り付けるタイプなので、違うプレートに付け替えるのは難しいです。できないことはありませんが…プレートが曲がったりする傷つく可能性もあるのでおすすめしません。

24インチiMac(M1, 2021) USBハブ

装着方法は簡単で、本体背面のハンドルを回してクランプで挟み込むだけ。あとはType-Cポートに接続すれば準備OK!

iMac M1 USBハブ

フロント部分には、104MB/sでデータ転送可能なSD/micrSDカードスロット、10Gbpsの高速データ転送が可能なUSB-Aポートが2つ。片方は最大7.5W出力のパススルー充電に対応しているので、iPhoneやタブレット、イヤホンなどを充電できます。

USB-Cポートも1秒間で10ギガバイトのデータの読み書きが可能なので、外付けSSDを使うときもある程度のスピードが出ていい感じです。

iMac M1 USBハブ

実際に使ってみると、iMacの裏側を覗いたりポートを探したりする手間もなく、ササっとデジカメのデータを読み込んだり、動画編集のためにSSDを接続したりできて大満足です。

ちなみに、こちらのUSBハブには4K60Hz HDMI映像出力が可能なHDMIポートが背面に配置されています。

iMac M1 USBハブ

デュアルディスプレイで使いたい方にもおすすめのハブに仕上がっていました。使いやすいしおすすめなんですが…価格が高いのがネックです。なんと8,900円(税込)です。

ちなみに背面にHDMIポートがないタイプであれば、6,300円(税込)で販売されているので、少しでも価格を抑えたい方はこっちを選ぶのもありだと思います。また、Satechiからも似たようなハブが発売されたので、M1チップを搭載したiMacを愛用している方はチェックしてくださいませ。それじゃ!また!

24インチiMac(M1, 2021)USBハブ:レビュー動画

24インチiMac(M1, 2021)で使える、おすすめのUSB-Cハブ

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-iMac