【メリット・デメリット】買取サイト「ラクウル」を使ってみた感想「iMac(2017モデル)」が予想より高く売れた!

当ページのリンクには広告が含まれています。

M1チップを搭載した24インチiMacをメイン機にしたので、これまで使っていたiMac 27インチ(2017 Retina 5Kモデル)を売却することにしました。メリカリやMac専門の買取サイトなども考えましたが、今回はソフマップ(ビックカメラグループ)が運営する「ラクウル」を使ってみました。

目次

ラクウルを使ってみた感想

ラクウル Apple製品 買取

2017年モデルのiMacを売却した最終的な金額は95,917円でした。予想より高く売れてビックリしたんですが、少しだけ気になる点もあったので簡単にまとめていきます。

売却したiMacは2017年モデルになります。この時発売されていたiMacには3種類のグレードがあり、自分が使っていたのは真ん中のモデルです。具体的なスペックは「Retina 5Kディスプレイ 3.5GHzプロセッサ 1TBストレージ」をベースにカスタムしたものになります。

iMac 27インチ(2017 Retina 5Kモデル)

上記のモデルをベースにプロセッサを第7世代の4.2GHzクアッドコアIntel Core i7にアップグレード、メモリは自分で増設して32GBにしていました。

ラクウルには「Apple製品かんたん買取検索」というシステムがあるので、ホームページ上で簡単に買取金額を調べることが出来ます。

Apple製品 買取 査定

この検索システムを使い、自分が使っていたiMacを選ぶと次のような価格になりました。(買取価格は変動します。画像は2022年2月1日時点の価格です)

Apple製品 買取 査定

カスタムしていない状態のiMacだと買取価格は70,000円(税込)と表示されました。自分のようにCTO(カスタムオーダー)したApple製品だとベースになる査定額が分からないのでご注意を。

27インチのiMacでも集荷が可能なのか?

ラクウル iMac 集荷

ラクウルの買取は、集荷依頼をして査定してもらうだけじゃなく、ビックカメラでの店頭買取、スタッフが自宅に来てくれる出張買取など、便利なシステムが用意されています。

今回は集荷依頼を選びましたが、27インチのiMacは少しだけ問題があります。それはサイズです。公式サイトで梱包資材の注意事項を読むと「3辺合計160cm以内、25kg以下」となっています。27インチiMacを段ボールに梱包するとそれ以上のサイズになってしまうんです。

そこでラクウルに直接問い合わせてみました。するとこんなメールが届きました。

現在お引き取り可能なサイズは3辺合計200cm、重量30Kgまでとなっております。
上記のサイズと重量に収まれば集荷が可能になっております。

3辺合計200cmであれば、27インチiMacでもOKなので、集荷で査定をお願いしました。ちなみに宅配業者はヤマト運輸でした。(※変更される可能性もあるので気になった方は公式サイトから問い合わせてください)

ラクウルを初めて使う方は「会員登録」で注意が必要

ラクウル 会員登録

初めて「ラクウル」を使う場合は、会員登録が必要になります。普通に「メールアドレスで新規登録」だけじゃなく、Apple ID、Googleアカウントを使った登録、そしてビックカメラグループ IDで新規会員登録することも可能です。

このとき、ビックカメラグループのIDを使用してアカウントを作ると「ポイントカード情報が自動で連携」されます。

ビックカメラを使っているので便利だと思って、ビックカメラIDで登録しましたが、ここで注意点があります。

最終的にポイントを使いたいお店を考えて先に進みましょう

ラクウル デメリット

自分が査定を出したときは「【現金・ウォレット】MacBook・iMac 5%増額」というキャンペーンが開催されていました。せっかくなら増額された方が嬉しいので「ビック買取マネー入金」を選びました。ビックカメラだったらネットショップもあるので便利だと思ったんですよね。しかし…ビック買取マネーは、ビックカメラのECサイトで使えないんです。

しっかり調べなかった自分が悪いんですが、ビック買取マネーは、ビックカメラの実店舗でしか使えないそうです。

ちなみにビック買取マネーをネットショッピングで使えるのは「ソフマップ」だけになります。

だったら、ビックカメラポイントカードに入金したビック買取マネーをソフマップで使えばいいや。と、思ったら…それもできないんです。

ビック買取マネー デメリット

ビックカメラのポイントカードに入金したビック買取マネーは、ソフマップドットコムで使えません。しかも、他のポイントカードに移行することが出来ないんです。

ですから、ビック買取マネーでネットショッピングしたいのであれば、ラクウルで入金するビック買取マネーを最初からソフマップにする必要があるんです。

まだまだ感染症が気になり気軽にお出かけできない状況なので、できればビック買取マネーをネットショップで使いたかったんですが、こんな罠があるとは……。

【まとめ】ラクウルを使ってみた感想

ラクウル

あれこれ注意点はありますが、ネットから簡単に査定をお願いできますし、最終的な買取価格も大満足でした。今回はApple製品の買い取りについて書きましたが、ラクウルは、Windowsパソコン、デジカメ、レンズ、ブランドバッグ、アウトドア関連商品などなど、さまざまなアイテムの買取に対応しているので、気になった方は公式サイトをチェックしてくださいませ。それじゃ!また!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえたら嬉しいです
目次