真四角チェキフィルムが使えるロモのインスタントカメラ「Lomo’Instant Square」が発売に!

当ページのリンクには広告が含まれています。
Lomo'Instant Square

富士フイルムからスクエアサイズのチェキフィルムが使える「instax SQUARE SQ10」が発売になりしばらくたちましたが…今度はロモグラフィーから真四角チェキフィルムが使えてデザインも抜群のインスタントカメラが発売されました。

目次

Lomo’Instant Square(ロモ インスタント スクエア)

04a1e96376f457d0926d82e9e5cf0458_original.gif

何となくポラロイド社のSX70を彷彿させる折りたたみデザインが印象的なカメラに仕上がっています。95mmのガラスレンズを搭載しているので、写りはシャープになっているそうです。

ロモ インスタント スクエア
photo – http://www.lomography.jp

またロモグラフィーらしい「多重露光モード」や「長時間露光モード」なども搭載されています。さらに以前のロモインスタントには無かった「セルフタイマー機能」も使えるようになっています。

ロモグラフィー インスタントカメラ スクエア

カラーバリエーションは、ブラック、ホワイト、ブラウンレザー、レッドブラウンレザー、ブルー(クラウドファンディング限定エディション)の5種類。

Lomo’Instant Square 国内販売価格について

追記:2018/01/25

ロモインスタントスクエア

Lomo’Instant Squareですが、ロモグラフィーのオンラインショップや直営店などで販売がスタートしました。国内での販売価格やカラーバリエーションなどについて追記しておきます。

ロモグラフィー インスタント スクエア

カメラ本体のカラバリはブラック、ホワイト、レッドブラウンの3種類です。

  • ブラック:21,980円(税込)
  • ホワイト:21,980円(税込)
  • レッドブラウン(本革使用):24,980円(税込)

また様々なレンズなどを同梱したComboパッケージも発売になります。

  • Comboパッケージ:26,980円(税込)
  • Comboパッケージ(レッドブラウン):28,980円(税込)

ComboパッケージにはInstant Mini backが付属しているのがポイント。Lomo’Instant Squareの裏蓋を外し、 Instant Mini backを装着すると Fujifilm Instax Mini フィルムでも撮影ができるようになります。普通のチェキでもスクエアのチェキでも楽しみたいならComboパッケージがお得ですね。

2018/03/04 追記

CP+2018のロモグラフィーブースで「Lomo’Instant Square」の実機を触ってきたので簡単に外観レビューを書きました。

あわせて読みたい
ロモインスタントスクエア(Lomo Instant Square)外観レビュー しばらく前に真四角チェキフィルムが使えるロモのインスタントカメラ「Lomo'Instant Square」が発売に!という記事を書きましたがCP+2018のロモグラフィーブースで「ロ...
Lomo'Instant Square

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえたら嬉しいです
目次