JBL CHARGE4 レビュー:迫力ある低音が楽しいBluetoothスピーカー、モバイルバッテリーとしても使える。

先日、沖縄旅行に行って泊まったホテルにJBLのBluetoothスピーカー「JBL CHARGE4」が置いてあったので、2日間ほど使ってみました。持ち運びに便利なサイズ感でありながら、低音はガンガン響くし、スピーカー機能だけじゃなくモバイルバッテリーとしても使える優れもの。デザインもオシャレだし、なかなかいい感じでした。

スポンサーリンク

JBL CHARGE4 レビュー

JBL CHARGE4 レビュー

正面に「JBL」のロゴがあります。横長でころっとしたデザインが可愛い。

JBL CHARGE4 レビュー

本体サイドにはパッシブラジエーターがあり、ここもデザインされています。本体サイズは500mlのペットボトルより少し大きいくらいです。

JBL CHARGE4 レビュー

上部のボタンは左から、JBLコネクトボタン、音量マイナス、電源、Bluetoothボタン、音量プラス、再生・停止・スキップボタン。JBLコネクトを使うと、複数の対応スピーカーを繋げてステレオ再生することも可能になるそうです。

JBL CHARGE4 レビュー

CHARGE4と書かれた部分が裏ぶたです。

JBL CHARGE4 レビュー

左から充電用Type-C端子、AUXポート、給電用Type-A端子。

このスピーカーは、7,500mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、好きな場所に持ち運んで使うことができます。

JBL CHARGE4 レビュー

今回、泊まったホテルでは液晶テレビの下あたりに置かれていましたが、広い部屋だったのでソファの近くに持ってきて音楽を再生したりしましたが、どんな場所でも迫力ある低音が楽しいスピーカーでした。

JBL CHARGE4 レビュー

ちなみに、JBL CHARGE4はIPX7の防水性能になっているので、アウトドアで使う方にもオススメ。また、最初に書いたように電力供給専用USBポートを搭載しているので、スピーカーですがスマホやタブレットを充電するモバイルバッテリーとしても使えます。

JBL CHARGE4 レビュー

本体を充電する端子はType-Cで、付属のケーブルは「Type-A to Type-」になっていました。ペアリングも簡単だったし、音質も良かったし、こういうワイヤレススピーカーを一つ持っていると便利だろうなと思いました。それじゃ!また!

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-Bluetoothスピーカー