【2022年】現行モデルのチェキを比較!プリントサイズや特徴など、失敗しない選び方を紹介。

チェキ おすすめ 機種

2019年に書いた「チェキの選び方」が少し古くなったので、2022年最新版に修正しました。以前は種類が多かったチェキですが、現在は8機種(2022年2月14日の情報)になりました。まだ旧モデルも販売されていますが、今回の記事では現行モデルだけに絞って紹介していきます。

シンプルなチェキから高機能なチェキまで…デザインや価格にも違いがあるので、欲しいチェキが見つかるように分かりやすく紹介していきます!まずはプリントサイズから見ていきましょう。

フィルムのサイズから選ぶ

チェキ 選び方

チェキと聞けば、小さなカードサイズのフィルムをイメージする方が多いと思いますが、スクエアやワイドタイプのフィルムも発売されています。まずはプリントサイズから欲しいチェキを決めていきましょう。

  • 【チェキ】instax mini シリーズ
  • 【チェキスクエア】instax SQUARE シリーズ
  • 【チェキワイド】instax WIDE シリーズ

チェキワイドは1機種だけになりますが、instax mini シリーズとinstax SQUARE シリーズは、さまざまなモデルがあるので、順番に紹介していきますね。

“チェキ” instax mini シリーズ

instax mini

まずはベーシックなカードサイズのチェキが撮影出来る「instax mini シリーズ」から。結婚式の二次会やアイドルとのツーショットチェキなどで使われる事も多い人気のシリーズになります。

「instax mini シリーズ」は、ベーシックなチェキが4機種、ハイブリッドタイプが2機種、合計6機種が販売されています。シンプルで安いチェキから、高機能なチェキまであるので、悩んでしまう方も多いのでは?

instax mini 11(インスタックスミニ11)

instax mini 11 カラバリ

価格も安くカラフルで可愛い「instax mini 11」は、人気の高いモデルです。難しい事を考えず、誰でも簡単に使えるのがポイント。

旧モデルとの違いは、接写撮影の便利さです。レンズを引き出すだけで、セルフィーモードに切り替わるので、自撮りを楽しみたい女子にもおすすめ。自分の姿を確認できるセルフショットミラーも便利ですよ。

また暗い場所でもキレイに撮影できる「明るさオート」機能も搭載しているので失敗写真も減ります。数年前は上位モデルにしか搭載されてなかった機能がプラスされているので、価格は安いけど誰にでもおすすめできるチェキがinstax mini 11です。

instax mini 40(インスタックスミニ40)

instax mini 40

クラシックなデザインが魅力の「instax mini 40」です。これまで発売されていたエントリーモデルのチェキは可愛くポップなイメージでしたが、こちらはブラックとシルバーを基調とした大人っぽいデザインになっているので、カメラ好きな男性にも刺さるチェキだと思います。

基本的な機能は先ほど紹介した「instax mini 11」と同じになるので、このデザインに数千円を出せるがポイントになります。

created by Rinker
富士フイルム
¥11,919 (2022/05/14 23:53:47時点 Amazon調べ-詳細)

instax mini 90

instax mini 90

instax mini 11では物足りない、チェキで本格的な撮影を試したい!そんな方におすすめなのが「instax mini 90」です。クラシカルなデザインが魅力のチェキになりますが、マクロモードや多重露光モードを搭載しているのでチェキだけで本格的な作品撮影を楽しみたい方にもおすすめ。

またフラッシュをオフにする「発光禁止モード」が搭載されているのも地味に便利です。発売は2013年と古いチェキになりますが、高機能なので今でもおすすめです。

instax mini LiPlay(リプレイ)

instax mini LiPlay

instax mini LiPlayは、背面に液晶モニターを搭載、デジカメとインスタントカメラがミックスされたハイブリッドモデルになっています。スマホの中に入っている写真を転送してチェキにプリントする事もできるのでチェキプリンターとしても使えます。

チェキ サウンド機能

そして…このチェキ最大の特徴は、音声メッセージを録音してQRコード化、写真にプリントできる「サウンド機能」を搭載していることです。ちなみに自分もmini LiPlayを持っていますが「サウンド機能」は、ほとんど使いません(笑)

instax mini Evo

instax mini Evo

instax mini Evoは、ハイブリッドタイプの最新モデルになります。デジカメ機能とプリンター機能が両方使える便利なチェキになりますが、フィルムカメラっぽいアナログ操作が楽しいのが魅力です。

レンズダイヤル、フィルムダイヤル、プリントレバーを使った操作は、これまでのチェキとは全く違った操作感です。また、専用アプリが秀逸で、チェキ風フレームが付いた面白い画像をスマホ側に保存可能です。

instax mini Evo作例写真

これまでのチェキより価格が高いので、購入するのを悩んでしまうと思いますが、実際に使ってみるとめちゃ楽しいカメラで激烈おすすめです。

instax mini HELLO KITTY(ハローキティチェキ)

チェキ キティちゃん

現行モデルの中で1番特殊なモデルが「instax mini ハローキティ」です。その名の通り、キティちゃんの形をしたチェキになります。

ハイキーモードや、35cmまで近づいて撮れる接写レンズが使えたりしますが、機能的には少し古いinstax mini8+と同じです。最新モデルより機能が劣るので、そこだけ注意してくださいね。

“チェキスクエア” instax SQUARE シリーズ

チェキ スクエア

2017年に登場したプリントサイズが「instax SQUARE」です。カードサイズより少し大きく真四角で可愛いチェキがプリント出来るモデルです。実際にプリントしたチェキを見ると…解像度も高く細かい部分までしっかりと写っているのがポイントです。

instax SQUARE SQ1

instax SQUARE SQ1

これまでスクエアタイプのチェキは何種類も発売されてきましたが、現行機種として残っているのは「instax SQUARE SQ1」だけです。上位モデルの「instax SQUARE SQ6」も販売が終わってしまったのは残念です。

「SQUARE SQ1」は、スタンダードモデルのシンプルなチェキになります。「明るさオート」や「セルフィーモード」機能なども搭載されているので、最初に紹介した「instax mini 11」と似たような使い心地になります。誰でも簡単に使えるのがポイント。ただし、フィルムが少し高いがネックかな。

“チェキワイド” instax WIDE シリーズ

instax WIDE 300

最後に紹介するのは。通常のチェキフィルムの2倍サイズの「ワイドフィルム」を使用するモデルです。こちらは現在instax WIDE 300のしか発売されていないので…ワイドチェキを使いたいならこれしかありません。ちなみに自分は海外モデルを購入しました。白くて可愛くてお気に入り。

【海外モデル】チェキワイド「instax WIDE 300」2倍サイズのフィルムで日常を記録しよう!

instax WIDE 300

instax WIDE 300

フィルムサイズが大きいチェキワイドなら大人数での記念撮影が可能になります。機能的にはすでに販売が終わったmini25とmini8+の中間くらいでしょうか?最新の機能は搭載されていませんが、プログラム式電子シャッターは1/64秒〜1/200秒で高性能。単3乾電池を4本使い撮影可能枚数は約10パックになっています。三脚穴もあるので、三脚に立てて使うこともできます。

created by Rinker
富士フイルム
¥11,791 (2022/05/15 09:12:48時点 Amazon調べ-詳細)

チェキプリンター

ここまで紹介したのはチェキカメラになりますが、富士フイルムにはチェキのフィルムが使える「スマートフォン用プリンター」も発売されています。こちらも全てのフィルムサイズがカバーされているので、よく使うフィルムからプリンターを選ぶのがおすすめ。

まとめ

チェキ おすすめ

以上、今回は2022年の現行モデルを順番に紹介してみました。自分もチェキが大好きなので、現行機種のうち6モデルを実際に買ってレビューしました。もし、気になるチェキがあったら詳しいレビューや動画もあるのでチェックしてくださいませ。それじゃ!また!

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-チェキ