変デジ研究所

トイデジ カメラ関連商品レビュー 撮影スポット

RICOH CX5

コンパクトデジカメ

RICOH CX5レビューまとめ:コンデジで月を撮る方法も!

投稿日:2011年6月20日 更新日:

個人的にRICOHのコンデジで1番気に入っていた「RICOH CX5」について書いたレビュー記事をこちらにまとめておきます。高倍率ズームも便利でマクロにも強い。普通のコンデジっぽく見えますが、、、なにげにブログ用の写真や日常を記録するカメラとしては激烈オススメのコンデジです!現在は母親が使っているんですが、、、このカメラを貸してから凄くいい写真が撮れるようになったと喜んでいます!

RICOH CX5:開封レビュー

RICOH CX5

RICOH CX5

RICOH CX5

RICOH CX5

RICOH CX5の本体とUSBケーブル・バッテリー・充電器・ストラップです。自分はRICOH R10を持っていますのでCX5を見たインパクトは、、、R10とそんなに変わらないなぁって感じでした(笑)でも中身は進化してるんですよね!とりあえずR10とCX5を並べてみましょう!

RICOH CX5 R10

CX5の方が少し丸いかな?でも本当に似てます。何世代も前のデジカメですがデザインはあまり変わってないってことなんですね。

RICOH CX5 R10

一番の違いはモードダイヤルですね。CX5はR10に比べてメニューが豊富です。

RICOH CX5 外観

バッテリーとSDカードを入れる場所。バッテリーがR10とは違うものでした。バッテリーはR10が「リチャージャブルバッテリー DB-70」で、CX5は「リチャージャブルバッテリー DB-100」です。同じだったらよかったんですけど、、、これは残念です。ちなみに「DB-100」はCX5、CX4、CX3のリチャージャブルバッテリーですので、この3機種なら使い回しが出来ますね。

CX5

CX5にはHDMIマイクロ出力端子があります。同じ様なルックスのCX5とR10ですがやっぱりいろいろ違う部分が多いんですね。

RICOH CX5:作例写真

RICOH CX5 マクロ

RICOH CX5:作例写真

RICOH CX5:作例写真

RICOH CX5:作例写真

RICOH CX5:作例写真

RICOH CX5:作例写真

今までもRicoh R10とRicoh GX200を使ってレビューしてきたので設定で困る事もなくRICOHの特徴でもある「マイセッティング」もばっちり設定できました。

マクロは以前よりさらに大きく撮りたいと感じていたので「ステップズームをオンにして200ミリに設定」「フォーカスはマニュアルで最短撮影距離に」にしました。これだと電源入れて被写体にカメラを近づけてピントがあったところでシャッターを切るという使い方になりますが、とにかく簡単に望遠マクロ撮影が楽しめます。今まで使って無かったんですけど、、、このMFって便利ですね!意外と使えます。

RICOH CX5のステップズームについて

RICOHのコンデジにはステップズームというズーム機能があります。RICOH CX5は「28㎜,35㎜,50㎜,85㎜,105㎜,135㎜, 200mm, 300mm」の8段階にズーム位置を固定する事が出来ます。さらにSRズームで「450mm,600mm」までステップズームが使えます。

このSRズームってのが凄くて「超解像ズーム」っていうCX5から新たに搭載された機能なんですが、普通のズームより画像の劣化を抑えての望遠撮影することが可能になります。600mmってなかなか凄いんですよ!今回はステップズームの数が多いので、、、写真がたくさんあります。一気に載せますね!

RICOH CX5:ステップズーム:28㎜
RICOH CX5:ステップズーム:28㎜
RICOH CX5:ステップズーム:35㎜
RICOH CX5:ステップズーム:35㎜
RICOH CX5:ステップズーム:50㎜
RICOH CX5:ステップズーム:50㎜
RICOH CX5:ステップズーム:85㎜
RICOH CX5:ステップズーム:85㎜
RICOH CX5:ステップズーム:105㎜
RICOH CX5:ステップズーム:105㎜
RICOH CX5:ステップズーム:135㎜
RICOH CX5:ステップズーム:135㎜
RICOH CX5:ステップズーム:200㎜
RICOH CX5:ステップズーム:200㎜
RICOH CX5:ステップズーム:300㎜
RICOH CX5:ステップズーム:300㎜

ここからがSRズームです。

RICOH CX5:ステップズーム:450mm
RICOH CX5:ステップズーム:450mm
RICOH CX5:ステップズーム:600mm
RICOH CX5:ステップズーム:600mm

どうですか!凄い望遠ですよね!ネットに載せるサイズなら画像の劣化なんてほとんど分からない感じですよ。ちなみにSRズームの後にデジタルズームもありまして、それを使えば600 ~ 2880mmまで撮影可能です。これを使うと、、、月を撮影することも可能なんですよ。

RICOH CX5で月を撮ってみた:コンデジで月を撮る方法

普通にコンデジを使って月を撮ると、、、こんな感じの写真になってしまうんですよね。

コンデジで月を撮る方法

最初はISOを変えてみたり超解像の強度を変えてみたりしましたが、、、なかなか上手に撮れません。で、ネットで少し調べてみると、、、シャッタースピードを早くすればいいって事でした。しかしどうやってコンデジでシャッタースピードを早くするのか分かりません。そこでフラッシュです!フラッシュを強制発光させたらシャッタースピードが早くなります!ISOも100 or 200程度に下げて撮ったら!

コンデジで月を撮る方法

手持ちでここまで写りました!SRズームを使い600mm相当で撮ったのがコレです。もう少しデジタルズームを使って撮ったのが下の写真です。

コンデジで月を撮る方法

これだけ簡単に撮れると、、、月が出ている日は毎回RICOH CX5で撮りたくなる!そんな感じです!そして、、、このRICOH CX5を買った理由の1つがEye-Fiを使ってiPod touchに写真を簡単に転送できるって事です。今回も月の写真をiPod touchに転送してiPhoneアプリで加工しました。少し前に撮ったツバメの写真と先ほど撮った月の写真をCAMERAtanの多重露光を使って重ねてみました。

コンデジで月を撮る方法

ツバメの写真もRICOH CX5のSRズームを使い600mm相当で撮った写真です。こんな感じでコンデジでもズームがある程度使えれば月の撮影も出来るんですよね。価格も安いコンデジでも楽しみ方が増えますよ!それじゃ!また!

※この記事は2011年に変デジ研究所で書かれた複数の記事を一つにまとめ、追記、修正したものになります。(過去記事は削除されています)

広告

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で
この記事は 1人の方にシェアされています。
「シェア&高評価」よろしくお願いします!
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!

-コンパクトデジカメ

Copyright© 変デジ研究所 , 2017 All Rights Reserved.