デジカメレビュー

Rodenstock Heligon 35mm F2.8 オールドレンズとNEX-7の組み合わせが最高にかっこいい!

2013年6月25日

Hawk’s Factory

ソニーのミラーレス一眼「α NEX-7」にRodenstock Heligon 35mm F2.8(ローデンストック ヘリゴン)というオールドレンズの組み合わせ!これは凄い・・・見た目から何から最高にかっこいい!今回はこのカメラの外観をパパッと紹介します!

Rodenstock Heligon 35mm F2.8:NEX-7

Rodenstock Heligon 35mm F2.8

ここでポイントになるのが「Hawk’s Factory」のマウントアダプターです。このマウントアダプターには補助ヘリコイドが付いています。これによってライカL(スクリュー)マウントのレンズで近距離での撮影が可能になります。かなり被写体に近づいて撮影する事が出来ました。

Rodenstock Heligon 35mm F2.8

NEX7とオールドレンズの組み合わせも最高だったんですが…レンズキャップがアイデア賞というかインパクト抜群でした!

レンズキャップ

レンズキャップ

何と「LUPICIA(ルピシア)」の紅茶缶の蓋です(笑)遠くから見ると全く違和感がなく、まさか紅茶の缶だとは思わなかったので驚きました。

Rodenstock Heligon 35mm F2.8との組み合わせ、そしてこのレンズキャップ。世の中にはミラーレス一眼を使って遊んでいる人がたくさんいるんだなぁ…と実感しました。それじゃ!また!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-デジカメレビュー

© 2020 変デジ研究所