HUAWEI

【レビュー】HUAWEI P40 lite E:トリプルAIカメラ搭載で2.5万円のSIMフリースマホを使ってみた!

少し前から超広角レンズを搭載したスマホが増えてきましたが、最近のスマホは本体の価格が高いので気軽に手を出せないんですよね。しかし…今回紹介する「HUAWEI P40 lite E」は24,800円(現在のAmazon価格)で、トリプルレンズ搭載のSIMフリースマホでコスパが高いのがポイントです。

本体背面は見る角度によって虹色に輝く特殊加工が施されており、低価格のスマホですが所有感を満たしてくれます。

そんな「HUAWEI P40 lite E」をファーウェイ・ジャパンさん提供で使わせて頂いたので外観や使用感を簡単にレビューしていこうと思います。

Amazon

スポンサーリンク

HUAWEI P40 lite E:外観レビュー

HUAWEI P40 lite E レビュー

今回レビューするのは「HUAWEI P40 lite E」の「ミッドナイトブラック」というカラーリングです。普通のブラックに見えますが…背面ガラスに特殊処理が施してあるので見る角度によって虹色に輝きます。

HUAWEI P40 lite E

HUAWEI P40 lite E 指紋認証

本体背面には指紋センサーが搭載されています。指紋センサーの速度も爆速で使いやすかったです。

HUAWEI P40 lite E 外観レビュー

本体右側面には音量調整ボタンと電源ボタンが。

HUAWEI P40 lite E 外観レビュー

トリプルスロット仕様になっています。nanoSIM×2とmicroSDが使えるので様々な用途に対応可能なスマホです。

HUAWEI P40 lite E 本体下部

本体下部には、イヤホンジャック、microUSB端子、スピーカーが。最近のスマホはUSB-Cが多いので…microUSB端子は少しだけマイナスポイントですね。

HUAWEI P40 lite E 端子

microUSB端子は急いで充電しようと思った時、向きを毎回確認するのが面倒なんですよね。

HUAWEI P40 lite E カメラ

そして…低価格のスマホですがトリプルカメラ仕様になっています。左から4800万画素のメインカメラ、800万画素の超広角カメラ、200万画素の被写界深度カメラになります。またAI機能を搭載しているので、食べ物や風景など被写体をスマホが自動で認識してキレイな写真に仕上げてくれます。

HUAWEI P40 lite E パンチホールデザイン

ディスプレイは6.39インチ。インカメラはパンチホールデザインになっています。パンチホールは写真や動画を全画面で表示してもあまり気にならないので好きです。ちなみに画面占有率は約90.15%になります。

HUAWEI P40 lite E ケース

またHUAWEI P40 lite Eは最初からクリアケースが付属しているのもポイントです。カメラ部分の出っ張りは少ない方ですが…ケースを付けるとデスクに置いた時でも安心感があります。

HUAWEI P40 lite E ケース

外観紹介はここまでにして…HUAWEI P40 lite Eで撮影した写真を少しだけアップしていきます。

スポンサーリンク

HUAWEI P40 lite E:作例写真

HUAWEI P40 lite E 作例写真

試用期間中ずっと雨で…いい写真が撮れなかった事が悔やまれますが、何とか曇り空の日を狙って少しだけ作例写真が撮れたのでアップしていきます。上の写真はデフォルトカメラで撮った写真です。

同じ場所から超広角レンズに切り替えて撮影すると…

HUAWEI P40 lite E 作例写真

ここまで広々とした写真が撮れます。ダイナミックな風景写真が撮れるだけじゃなく、集合写真を撮ったり狭い室内での撮影など様々な場面で便利に使えると思います。

望遠レンズは搭載されていませんが、ズーム機能を使う事も出来ます。

HUAWEI P40 lite E 作例写真

ここまでズームすると画質も悪く油絵のようなベタっとした雰囲気になってしまいますが、いざというときは使える機能です。

アパーチャモードが楽しい!

HUAWEI P40 lite E アパーチャモード

HUAWEI P40 lite Eには「アパーチャ」というモードがあります。被写界深度カメラを駆使して擬似的に背景をボカすことが可能になりますが…これが楽しかったです!一眼レフさながらF値を変更して背景ボケを調節する事が出来るんです。

HUAWEI P40 lite E アパチャーモード

こちらが「F4」に設定して撮影した写真です。背景も高級なレンズで撮ったように玉ボケが出現しています。同じ場所でF値を0.95に設定すると…

HUAWEI P40 lite E アパチャーモード

玉ボケのサイズが大きくなり、幻想的な写真が完成します。低価格のSIMフリースマホですが、ここまで写真撮影が楽しめるのはさすがHUAWEIですね。

HDR撮影も可能です

HUAWEI P40 lite E HDR

HUAWEI P40 lite EにはHDR撮影機能も搭載されています。この機能を使って撮影するとパキッとした雰囲気の写真が簡単に撮影出来ます。

HUAWEI P40 lite E HDR

普通に撮影すると影になってしまう部分もしっかりと持ち上げてくれていい感じの写真に仕上がります。

エフェクト機能も楽しい

HUAWEI P40 lite E エフェクト

そのまま撮影しても楽しいカメラ機能ですが、エフェクトをオンにするとグッと幅広い撮影が可能になります。

HUAWEI P40 lite E エフェクト

HUAWEI P40 lite E エフェクト

HUAWEI P40 lite E エフェクト

個人的にモノクロ系のエフェクトがいい感じだと思ったので、HUAWEI P40 lite Eを購入したら積極的に使ってもらいたいです。

料理写真もGOOD!

HUAWEI P40 lite E 写真

料理写真もパパッと撮っただけで美味しそうな色味に補正してくれて使いやすかったです。

HUAWEI P40 lite E 写真

設定でウォーターマークをオンにすると「HUAWEI Y7p」と表示されるんですが…調べてみたら海外ではHUAWEI Y7pという機種名で販売されてるんですね。ここは「HUAWEI P40 lite E」にして欲しかった部分ですね。

その他の作例写真

HUAWEI P40 lite E 作例写真

HUAWEI P40 lite E 作例写真

HUAWEI P40 lite E 作例写真

HUAWEI P40 lite E 作例写真

HUAWEI P40 lite E 作例写真

HUAWEI P40 lite E 作例写真

何を撮ってもある程度キレイな写真が撮れて2.5万円で買えるスマホとは思えないカメラ性能だと思いました。よく晴れた屋外で撮影したら…きっとさらに満足度は上がると思います。

Googleプレイストアが使えない問題

ファーウェイ アプリ 問題

HUAWEI P40 lite 5Gのレビューにも書きましたが、現在HUAWEIのスマホはGoogle系のアプリが使えない状況になっています。その代わりHUAWEI独自の「AppGallery」からアプリをダウンロードして使う事になるんですが…これがなかなか問題ありなんです。

実際にAppGalleryをチェックすると…対応アプリが少なく普通に使える状況ではないんですよね。そこで現在の対応策としてAmazonストアアプリをダウンロードして、そこから様々なアプリをインストールするのがおすすめです。

ファーウェイ アプリ Amazon

この方法でも使えないアプリも多数ありますが…Amazonプライムビデオなどで動画を見たりSNSアプリを使ったりする事は可能です。

ファーウェイ アプリ Amazon

この方法を使えば、各種SNSを楽しみながらAmazon独自の様々なアプリを使う事が可能です。電話、カメラ、LINE、Instagram、Twitter、Facebook、スマホで使うのはこれくらい。そんな方であれば問題なく使う事が出来ます。

まとめ

HUAWEI P40 lite E まとめ

様々な問題がありますが…2.5万円でサクサク動いてキレイな写真が撮れるスマホは魅力です。個人的にはメインのスマホとは別に格安SIMを入れてサブ機として使うのがおすすめです。以上、簡単ですがHUAWEI P40 lite Eを使ってみた感想を書いてみました。それじゃ!また!

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で
\シェア&高評価お待ちしてます!/
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (3 投票, 平均点: 5.00)
読み込み中...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!

-HUAWEI

© 2020 変デジ研究所