SONY VLOGCAM ZV-1

【これで完璧】VLOGCAM ZV-1にSmallRigのL字型ウッドグリップを付けたら、バッテリー交換問題も軸ズレ問題も解決!

VLOGCAM ZV-1は動画撮影に特化した便利なコンデジになりますが、シューティンググリップやアルカスイス互換のプレートを装着するとバッテリーの蓋が開かなくなってしまう事が気になっていました。

また三脚穴の位置がレンズの真下でない事も気になるポイントで…手持ちで自撮りする際に軸がズレてしまうんですよね。しかし…今回SmallRigから発売されている「Sony ZV-1用L字型ウッドグリップ 2936」を買った事で全てが解決しました!

スポンサーリンク

SmallRig(スモールリグ)Sony ZV-1用L字型ウッドグリップ 2936

Sony ZV-1用L字型ウッドグリップ 2936

SmallRigにはZV-1用のケージやグリップがいくつか発売されていますが、今回自分が買ったのは「ZV-1用L字型ウッドグリップ 2936」というアイテムです。価格は3,337円で、送料が500円だったので合計3,837円でした。また海外からの発送だったので到着まで1週間ほどかかりました。

VLOGCAM ZV-1 スモールリグ

ウッドグリップの質感も抜群ですし、全体的に高級感のある仕上がりです。

VLOGCAM ZV-1 スモールリグ

取り付けは底面にある三脚ネジで固定します。付属の六角レンチを使うのが少しだけ面倒ですが…専用設計になっているのでサイズ感などは完璧です。

ZV-1 ウッドグリップ

デザイン的にも機能的にも完璧です!それではこのグリップの便利なポイントを見ていきましょう。

ZV-1 バッテリー交換

グリップを付けた状態でもバッテリーやSDカードの交換が可能です。またグリップ底面には三脚穴がたくさん開いています。これの何が便利かというと…

VLOGCAM ZV-1 シューティンググリップ バッテリー交換

このようにシューティンググリップを付けた状態でもバッテリー蓋が開くんです。さらにレンズのほぼ真下にグリップがあるので自撮りする時に軸のズレを気にする必要もありません。

ZV-1 アルカスイス互換プレート

またアルカスイス互換のプレートを装着した場合でも同じようにバッテリーやSDカードの交換が可能です。それだけじゃなくてグリップが付く事でしっかりとカメラが固定されて持ちやすくなりました。最高。

ZV-1 グリップ

もちろんマイク端子やmicroHDMIケーブルなどへのアクセスも問題なし。まじで死角なしのグリップです。

ZV-1 ウッドグリップ マイク

欠点としては…ZV-1の魅力である軽さとサイズ感が失われる事でしょうか。

スモールリグ ZV-1 L字型ウッドグリップ 2936

重さはグリップ単体で68g。

スモールリグ ZV-1 L字型ウッドグリップ 2936

本体に装着した状態だと360gでした。この重さが許容範囲内であれば完全体に進化したVLOGCAM ZV-1に満足すると思います!自分はZV-1を俯瞰撮影で使う事も多く、毎回アルカスイス互換のプレートを外してSDカードを抜き差しするのが面倒だと思っていました。しかし、このL字型ウッドグリップを使えば解決します!まじで買ってよかったです。それじゃ!また!

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-SONY VLOGCAM ZV-1

© 2020 変デジ研究所