変デジ研究所

トイデジ カメラ関連商品 ガジェットレビュー

Wtulens レビュー

レンズ・アクセサリー

Wtulens レビュー:写ルンですのレンズを二枚使ったWtulensは写りも激しい変態レンズでした!

投稿日:

GIZMON Wtulens レビュー

先日写ルンですのレンズを二枚使ったミラーレス用広角レンズ「GIZMON Wtulens」が発売に!という記事を書きましたが、ギズモショップさんからWtulens(※ウツレンズと読みます)をレビュー用に提供して頂きました。ありがとうございます!

丸い筒状のパッケージには各種マウントの名前が書いてあり注文したマウントにチェックマークが入っていました。

今回レビューするのはEマウントのWtulensになります。その他のマウントについては公式サイトからご確認を。

GIZMON Wtulens(ギズモン ウツレンズ)レビュー

ギズモン Wtulens

レンズ本体、マウントアダプター、六角レンチ、説明書、専用ポーチが入っていました。まずはレンズ部分をチェックしていきましょう!

写ルンです ミラーレス 広角

前回の記事でもチラッと書きました「GIZMON Wtulens」は 「写ルンです」のレンズを2枚使った超広角レンズになっています。ですからよく見ると少しだけ後玉がポコッと丸く見えています。

ギズモン Wtulens

レンズはL39マウントでネジが切ってあります。これをマウントアダプターにくるくるっと回して装着します。

L39マウント マウントアダプター

Wtulens レビュー

Wtulens レビュー

レンズとアダプターを装着するとこんな感じになります。今回はEマウントのレンズになるので…NEX-3に取り付けてみました。

Eマウント 写ルンです レンズ

薄くて軽いレンズになるので小さめのミラーレス機に装着するとコンデジみたいな見た目になります(笑)

Eマウント 写ルンです レンズ

写ルンですを使うときの基本は「少しでも暗かったらフラッシュを使う」になるので…Wtulensも同じように室内や暗い場所はフラッシュを使って撮影する事にしました。

GIZMON Wtulens 作例写真

Wtulens 作例写真

ISO感度は1600、絞り優先モード、ホワイトバランスはオートで…フラッシュを使い撮影した最初の一枚です。構図も何も考えず「あ、撮れちゃった!」という結果がこの写真なんですが…1枚目からそれっぽい写りでビックリしました。

Wtulens 作例写真

Wtulens 作例写真

左はフラッシュあり、右はフラッシュ無し。写真は全てJPEG撮って出しで、何も加工してない状態の失敗写真ですが…写ルンですのゆるい写りがうまく出ているような気がします。デジタルなのに何となくフィルムカメラで撮ったような感じで面白いです!

GIZMON Wtulens 屋外での作例写真

GIZMON Wtulens 作例写真

ここからは先ほど撮ってきた屋外での作例写真になります。ISO感度400で撮影してみました。

GIZMON Wtulens 作例写真

GIZMON Wtulens 作例写真

GIZMON Wtulens 作例写真

周辺光量落ち

写ルンです レンズ Eマウント

全体的に周辺光量落ちが凄い!APS-Cだと28mm(35mm換算)になりますが…フルサイズだったら17mmになるので周辺光量落ちがさらに激しくなるんですよね!?これは本当に強烈な変態レンズですね(笑)

GIZMON Wtulens

少しノイズがあった方がフィルムカメラっぽいかな?と思ったので、ここからは思いっきり感度を上げてISO3200で撮った写真になります。

GIZMON Wtulens

Wtulens 作例

Wtulens 作例

Wtulens 作例

Wtulens 作例

難しい事を考えず気になった被写体をパシャパシャ撮っていくのが楽しいレンズです。何より軽いので撮っていて楽です。

Wtulens 作例

NEX-3だと28mm程度になるので広角レンズの楽しさも十分に感じる事が出来ました。

Eマウント 変態レンズ

Wtulens フレア

またプラスチックレンズならではのフレアも楽しいレンズです。ちょい逆光で撮ると強烈なフレアが出現します。

Wtulens フレア

Wtulens フレア

Wtulens フレア

普通のミラーレス一眼が…一気に変なデジカメに変身しました(笑)

Wtulens 近接撮影

しかし…この写真を見てください!白い花にバッチリピントがあった綺麗な写真ですよね!?もちろんこれもWtulensで撮った写真です。前面のレンズユニットのネジを緩めることで、近い場所にもフォーカスが合うようになりますし…これくらいの背景ボケも楽しめるレンズなんです。

今回は早めにレビューを書こうと思いパパッと撮ってきた写真だけでアップしましたが…

写ルンです Lightroom

こんな感じで色味をLightroomなどのソフトで調整するとグッと「写ルンですっぽい雰囲気の写真」が完成します。フルサイズやマイクロフォーサーズで使ったらまた違う感想になりそうですが個人的にAPS-Cの28mmって画角が気に入りました。

とにかく軽いし薄いしレンズキャップがわりに使えるし…しばらく使いまくろうと思います!先ほどチェックした感じだとまだ在庫がありそうでしたが、レンズをリサイクルする製品になるので大量生産は出来ないそうです。気になったら早めにゲットがオススメです!それじゃ!また!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で
\シェア&高評価お待ちしてます!/
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (8 投票, 平均点: 5.00)
Loading...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!

-レンズ・アクセサリー

Copyright© 変デジ研究所 , 2018 All Rights Reserved.