【レビュー】IPoE対応でWi-Fi6対応の無線ルーター「WSR-3200AX4S」を購入しました!

当ページのリンクには広告が含まれています。

1年半ほど前に購入した「TP-Link Archer A6」から、バッファローの「WSR-3200AX4S」に買い換えました。Wi-Fiルーターは頻繁に買い換えるものではないと思いますが、少し前からTP-Linkのセキュリティ面で不安があったので、違うメーカーのルーターにして安心したかったんです。

目次

バッファロー「WSR-3200AX4S」レビュー

バッファロー「WSR-3200AX4S」レビュー

今回購入したバッファローの「WSR-3200AX4S」は、最大2402Mbpsに対応したWi-Fi6無線ルーターになります。これまで使っていたTP-LinkのWi-FiルーターはIPoE対応で安定した通信が気に入っていましたが、Wi-Fi6には対応していなかったので、ベースの通信速度が低めでした。

次の画像は「TP-Link Archer A6」のスピードテストです。

TP-Link Archer A6 スピードテスト

そして、次の画像は「バッファロー WSR-3200AX4S」のスピードテストになります。

WSR-3200AX4S スピードテスト

時間帯は違いますが、全体的なスピードは確実に速くなった印象です。わが家の場合ですが、プロバイダはOCNで「フレッツ光ハイスピードタイプ隼(はやぶさ)」というプランを契約しています。さらに「IPoEインターネット接続機能」が使えます。

いくら高性能なルータでも、しっかりとIPoE接続してくれないと意味がないのでチェックしてみました。

WSR-3200AX4S OCN バーチャルコネクト

IPアドレス取得方法は「インターネット@スタートを行う」になっていますが、これは回線自動判別機能のことです。そして自動で判別された接続方法が『OCNバーチャルコネクト』になっています。ここでIPoE接続になっているのが確認できました。

WSR-3200AX4S レビュー

まだ、昨日届いたばかりで測定回数は少なめですが、270Mbps〜300Mbpsあたりで安定した通信ができているようです。ちなみにOCNでIPoE(IPv4 over IPv6)通信するために必要なルーターは「OCNバーチャルコネクトサービス(IPoE接続)対応端末」というページで確認可能ですが、バッファローだけでも大量に対応端末があります。

ですから、どの機種にするか迷いまくりでしたが、gooストアに「OCNバーチャルコネクトに対応した、おすすめIPoEルーター」というページがあり、そこに2位で掲載されていた「WSR-3200AX4S」にしました。(Amazonで買うより安い!)

WSR-3200AX4S レビュー

ちなみに接続端子類やスイッチはこんな感じ。とりあえずTP-Linkのルーターからバッファローのルーターに変えたことで、安心して使えるようになったので、買ってよかったと思いました。

ただ、バッファローのルーターには「ネット脅威ブロッカー」という機能がデフォルトでオンになっていて、こいつが一部のアプリなどと相性が悪いみたいで、少し困ることがあったので、iPhoneにインストールしたアプリからオフにしました。このあたりはまた違う記事で詳しく説明しようと思います。

ネット脅威ブロッカー オフ

ここ数年でWi-Fiルーターを買うのが3回目なので…これでしばらく打ち止めにしたいです(笑)これで問題なく使えますように。それじゃ!また!

あわせて読みたい
【WSR-3200AX4S】SPEEDTESTでアップロード速度が0になる原因と解決法 バッファローの「WSR-3200AX4S」を購入して、セットアップが終わったので、試しにどれくらい速度が出ているのかチェックしてみたら、何度やってもアップロード速度が0に...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえたら嬉しいです
目次