iPad

【macOS Catalina】便利!iPadをサブディスプレイ化するSidecarを使ってみました!

本日リリースされた「macOS Catalina」をインストールしてみました。ミュージック、TV、Podcastなど新しいアプリケーションも魅力ですが…iPadをMacのサブディスプレイとして使える「Sidecar」という機能が強烈でした!自分も早速インストールしてiMacとiPad miniをSidecarを使って接続。AdobeのIllustratorを起動してイラストを描いてみましたが…これは夢が膨らみます!

macOS Catalina

リリースされたばかりという事もあり…再接続しないと動かなくなったり微妙に使いにくい部分もありますが、Mac側で使っているマウスやトラックボールのカーソルがそのままiPadに移動して動くのは感動すら覚えました!

基本的な使い方ですが…最初は少しだけ戸惑いました。

Sidecar 使い方

まずはMac側の環境設定から「Sidecar」を選択します。

Sidecar iPad 接続

Sidecarの設定から「接続先」を選び…そこから自分が使っているiPadを選択しました。これで接続すると思ったら…

Sidecar 接続出来ません

iCloudアカウントで2ファクタ認証が使用されていません。と表示され…iPadに接続出来なかったのです。もちろん2ファクタ認証を設定すればSidecar機能を使う事が出来ました。

Sidecar 接続

MacとiPadが接続されれば…Mac側で使っているアプリの画面をそのままiPadまでドラッグする事が可能になりました!どの位置にカーソルを持っていくとiPadに移動するのか?それはSidecarで接続後にディスプレイの環境設定から「配置」を選択する事で変更可能です。

Sidecar 表示場所

自分はMacで右下にカーソルを持っていくとiPadに移動する位置で使っています。そして…Apple Pencilやデジタルペンを使い…iPad側でイラストを書けば液タブのような使い方も可能です。

実際にデジタルペンを使ってイラストを描いた感じだと…そこまで遅延を感じる事がなかったので実用的だと思いました。ただし…SidecarでiPadをMacの2台目のディスプレイとして使うための必要条件をチェックすると少し古いMacだと使えなかったりするので注意が必要です。

詳しい使い方はAppleのサポートページをチェックすると分かりやすいと思います!それじゃ!また!

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-iPad

© 2020 変デジ研究所