ソニーからVlog撮影に最適なパワーズームレンズ「 FE PZ 16-35mm F4 G(SELP1635G)」が登場!

ソニーから、フルサイズ対応のパワーズームレンズ「FE PZ 16-35mm F4 G」が登場しました。発売日は4月28日になりますが、3月25日(金)から予約がスタートしました。価格は165,000円(税込)なので、気軽に買えるレンズではありませんが、F4通しの広角ズームレンズは、フルサイズミラーレス機でVlog撮影したい方には最高の選択肢になると思います。

FE PZ 16-35mm F4 G(SELP1635G)

SELP1635G

まず、Gレンズのデザインが最高です。メカメカしててかっこいい。そして、パワーズームが搭載されているのがポイントです。焦点距離16~35mmをパワーズームで操作できて、さらに駆動音もめちゃくちゃ静かです。Vlog撮影時にズームの駆動音が入ってしまうこともなく安心。

また、ズーム・フォーカス時にレンズの長さが変わらない『インナーズーム』が採用されているので、ジンバルを使った撮影時に調整が必要なく便利です。

FE PZ 16-35mm F4 G

Vlog撮影だと片手でカメラを持って撮影することも多いので、小型軽量のSELP1635Gは魅力的。重量は約353gということなので、例えばコンパクトなα7C(509g)とセットで使えば、862gになります。これくらいだったら旅行でもガンガン使えそうです。

SELP1635G

絞り値を固定するアイリスロックスイッチや、絞りリングのクリック音をオフにする「クリック切り換えスイッチ」も搭載、細かい部分も使いやすくなっています。

有名メディアの先行レビューをチェックすると、フォーカスブリージングもかなり抑えられているようなので、自宅で商品紹介系の動画を撮っているYouTuberにもおすすめできそうな雰囲気でした。

もちろん、動画だけじゃなく16-35mmという画角は風景撮影だけじゃなくテーブルフォトやスナップ撮影にも使えるので、写真も動画も両方楽しみたいユーザーにもおすすめ。その場合、動画と静止画の切り替えが便利なα7IVがおすすめ。

SELP1635G α7IV

最短撮影距離もワイド端で0.28mと、かなり寄れます。F4通しなので思いっきり背景をボカした撮影は苦手なレンズですが、屋外の晴れた日にVlogを撮るなら、これくらいの方が便利ですよね。うーん…悩ましい。

●レンズ構成:12群13枚
●最短撮影距離:0.28m(ワイド端)/0.24m(テレ端)
●フィルター径:72mm
●大きさ:最大径80.5mm × 長さ88.1mm
●質量:約353g

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-SONY α7C, SONY α7IV