変デジ研究所

📸写真を撮るのが少しだけ楽しくなるブログ

レンズ・アクセサリー

Nissin i400 レビュー:ニッシンのシンプルなクリップオンストロボを買ってみました!

投稿日:2019年3月15日 更新日:

ニッシン i400 レビュー

室内でガジェットや様々な小物を撮影する時に便利なクリップオンストロボ「Nissin i400」を買ってみました。2019年2月22日に発売されたばかりの新製品になり、カメラの上に直接取り付けて使う機能に特化していて、発光モードもフルオート・TTL・マニュアルの3つだけ!とにかくシンプルなクリップオンストロボになっています。

スポンサーリンク

Nissin i400 レビュー

ニッシン i400 レビュー

i400はニッシンで人気の「i40(23,300円)」からワイヤレス機能とLEDライトを省いたオンカメラ専用モデルになり、機能を制限した事で17,490円と価格を抑えたクリップオンストロボになっています。

小型のストロボだと電池2本駆動のタイプが多いのですが…i400は単3電池4本駆動になります。さらに最大ガイドナンバー40(105mm/ISO100時)とパワフルな光量を持つストロボなので室内での簡単な撮影だったらこれ1つでオッケーだと思い購入しました。

ニッシン i400 レビュー

発光モードはダイヤルを使って操作します。左型にあるダイヤルでマニュアル、オート、TTLを切り替えます。右のダイヤルは光量調整に使います。デジタル液晶よりダイヤルの方がシンプルで分かりやすくて好きです。

シンプルなクリップオンストロボだとTTLが使えずマニュアル操作だけのものが多いのですが…i400はTTLが使えます。なんだかんだでパパッとストロボを使いたい時ってTTLが便利なんですよね。(漂う素人感)

そして…自分がi400を選んだもう1つの理由は「ホットシュー取り付け部のロック機構がボタン式」だった事です!

ニッシン i400 レビュー

丸で囲んだ部分がワンボタン式のロック機構になっています。安いクリップオンストロボだとロック部分が回転式のダイヤルになっているので…毎回締めるのが面倒なんです。

i400はカチッと奥に押し込むだけでオッケーですし取り外しも簡単でした!そして…何よりコンパクトで軽いのが魅力です!

i400 レビュー

i400 レビュー

発光ヘッドは上方90度・左右180度可動になっているので、様々な角度からバウンス撮影をする事が出来ます。

わが家の場合、天井の照明がオレンジっぽいので白い被写体をそのまま写すと黄色っぽく写ってしまいます。ホワイトバランスを調整してもイマイチ気に入らない事多いので…そんな時は天井バウンスでストロボを使い撮影します。

LED 照明 オレンジ

LED 照明 オレンジ

またポートレート撮影などで便利に使える「スライド式のキャッチライトパネル」と、16mmの画角をカバーするワイドパネルも発光部下部に内蔵されています。

i400 ワイドパネル

i400 キャッチライトパネル

中華製の格安ストロボと悩みましたが…Nissinは1959年から続く国内メーカーで安心感もあります。オフストロボ(カメラからストロボを分離)での撮影にも興味はありましたが…自分はクリップオンでシンプルな撮影がメインだったのでi400を選んでみました!マイクロフォーサーズ機で使うと抜群のサイズ感でオススメです!それじゃ!また!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で
\シェア&高評価お待ちしてます!/
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (4 投票, 平均点: 5.00)
読み込み中...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!

-レンズ・アクセサリー

Copyright© 変デジ研究所 , 2019 All Rights Reserved.