Nikon Z50とタムロンの超望遠ズームレンズ「100-400mm (Model A035)」で動物園撮影!動画も楽しかった!

Nikon Z50にタムロンの望遠ズームレンズ「TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD(Model A035)」を装着して豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)で撮影してきました。何度も豊橋総合動植物公園で写真を撮りましたが、フルサイズ換算160-640mm相当の超望遠撮影は初めてなので、今までとは違った切り取り方ができて楽しかったです。

スポンサーリンク

【レビュー】TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3で動物園撮影

Model A035 レビュー

Z50とModel A035の組み合わせは何度か野鳥撮影で使っていて、動きの速い被写体に対応できるような設定にしていましたが、動物園の撮影ではそこまで激しい動きを狙う必要がないのでいつもとは違った楽しさを感じることができました。

また前回「Nikon Z50とTAMRON 100-400mm F/4.5-6.3で野鳥撮影が楽しい!ミラーレスカメラで野鳥撮影するメリット・デメリット」という記事に書きましたが、ミラーレスカメラのZ50と望遠レンズの組み合わせは「ファインダーを覗きながら直感的に露出補正が可能」なので、白い鳥と暗い背景の撮影でもイメージ通りの撮影ができてやっぱり便利だなぁ!と思いました。

Nikon Z50 動物園 撮影

Model A035には手ブレ補正機構「VC」が搭載されています。約4段分の補正効果があるので超望遠ズームレンズの手持ち撮影でも安心感が違いますね。

TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 ボケ味

今回アップした写真は全てJPEG撮影で明るさやシャドー部を少し調整しただけです。Nikon Z50は頑張ってRAW現像しなくても満足できる仕上がりになるのが気に入ってます。

またコンパクトなボディはModel A035と相性抜群です。長時間の撮影でも疲れにくいし最高でした。描写面でも動物たちの細かい毛並みまでしっかりと解像しているので、価格以上の満足度を感じる素晴らしいレンズだと思います。

のんほいパーク リーファ

カメラのレビューとは関係ないお話ですが、のんほいパークにはレッサーパンダがいます。守守(ショウショウ)と李花(リーファ)の2匹になり、個人的に激推しなのが李花です。公式サイトに「レッサーパンダ界では美形で有名な女の子」と書かれていますが、本当にどこからどう撮っても可愛い女の子です!

のんほいパーク リーファ

のんほいパーク リーファ

今回ブログに載せた写真だけじゃなく失敗したかな?と、思う写真も大量にありましたが…どんな角度で撮ってもこんなに可愛いレッサーパンダは珍しいと思います(笑)

動物園 ガラス越し

動物園 熊

動物園は好きで何度も撮影に出かけましたが、超望遠ズームレンズを使うだけでここまで楽しさが違うとは驚きでした。またZ50は動画撮影も得意なミラーレスカメラになるので可愛い動物たちを動画でも撮ってみましたが…これまた最高でした。

今回はテストってことでFHD 1080P・60fps (1920x1080ピクセル)の設定で撮影しましたが、予想以上にキレイな映像が撮れたので次回は4K 30fps (3840x2160ピクセル)での撮影も試してみたいです。

以上、簡単ですがNikon Z50とタムロンの望遠レンズ「TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD(Model A035)」を使って動物園で写真を撮ったり動画を撮ったりした感想でした!それじゃ!また!

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-Nikon Z50