Nikon Z50にタムロンの望遠レンズを付けて動物を撮ってみた。

久しぶりに豊橋市にある「のんほいパーク(豊橋総合動植物公園)」に行ってきました。撮影したカメラは「Nikon Z50」で、使ったレンズは『TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD(Model A035)』になります。1年くらい前に似たような記事を書きましたが、やっぱり動物園で望遠ズームレンズを使うのは楽しいですね!スマホで撮影するのとは違って肉眼では見えない動物たちの表情まで撮れて大満足。

スポンサーリンク

【作例写真】Nikon Z50:TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3

TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3

TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD(Model A035)は、Fマウントのレンズになるので、Nikon Z50で使う場合はマウントアダプターが必要です。ですから、若干サイズも大きくなりますし、コンパクトなZ50に装着するとバランスの悪い見た目になります。しかし、レンズ込み1771g(実測)の軽さで160mm-640mm相当の撮影ができるのは魅力だと思います。

TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3

動物園での撮影は野鳥撮影などと違って、のんびりとシャッターを切ることができますし、スマホや肉眼では見えない部分までググッとズームできるのが楽しいです。

のんほいパーク レッサーパンダ

特に広い場所で飼育されている大きな動物などを撮ると、こんな柄で、こんな毛並みで、こんな表情してたのかー!って発見もあってワクワクしました。

のんほいパーク キリン

のんほいパーク ライオン

のんほいパーク アジアゾウ

のんほいパーク カバ

のんほいパーク ペンギン

のんほいパーク マンドリル

もちろん、動物だけじゃなくオブジェや花などの撮影も楽しいレンズでした。

のんほいパーク 花

のんほいパーク 恐竜

のんほいパークの恐竜オブジェは、何度も撮影していますが、望遠レンズを使うと迫力のある写真になって新鮮でした。今回の撮影が楽しかったので、他の動物園も今回のカメラとレンズを使って撮りたくなってます。次は東山動物園に行こうかな。

それじゃ!また!

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-Nikon Z50