ニコンの単焦点パンケーキレンズ「NIKKOR Z 26mm f/2.8」の発売が楽しみだ!

ニコンが、Zマウントシステム用交換レンズ「NIKKOR Z 26mm f/2.8」と「NIKKOR Z 85mm f/1.2 S」の開発を発表しました。現時点では、発売時期や価格などは未定になっていますが、Nikon Z50を愛用しているので「NIKKOR Z 26mm f/2.8」の発売がめちゃくちゃ楽しみです!

スポンサーリンク

NIKKOR Z 26mm f/2.8

NIKKOR Z 26mm f/2.8

NIKKOR Z 26mm f/2.8は、フルサイズ対応の単焦点レンズになりますが、APS-C機 (DXフォーマット)で使えば、35mm判換算で39mm相当の画角になります。個人的に40mmのレンズが大好物なので、これが発売されたら買ってしまう可能性大。Nikon Z50と組み合わせてコンデジ感覚で使いたいです。

ただし、自分が持っている「NIKKOR Z 40mm f/2」などと違い、金属マウントになっているので価格はそれなりに高くなるのかも。

あと、Z50の後継機に合わせてこのレンズが発売されたら、それはそれは激アツです。なんにしてもワクワクするレンズで嬉しいです。

NIKKOR Z 85mm f/1.2 S

NIKKOR Z 85mm f/1.2 S

もう一本は、ニコンのハイグレードシリーズ『S-Line』の、中望遠単焦点レンズ「NIKKOR Z 85mm f/1.2 S」です。85mmの大口径高性能レンズになるので、ポートレート撮影を趣味にしている方の憧れのレンズになりそうな予感。これは高そうだなぁ。

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-Nikon Z50