フィルムカメラ

近未来的なデザインがカッコいい!ミノルタ110ズーム SLR レビュー

2016年1月31日

ミノルタ110ズーム SLR

以前高機能110カメラ!「ミノルタ 110 ZOOM SLR MARK II」というカメラを紹介した事がありますが、こちらのカメラも110カメラです。何とも不思議な近未来的なデザインが特徴の110カメラですがレンズはロッコールレンズですしズームも使えてハイスペック!今回は「ミノルタ110ズーム SLR 」の外観をパパっと紹介していきます。

Minolta 110 zoom SLR+Zoom Rokkor -Macro 25-50mm F4.5

正面から見たルックスがインパクト大です。

ミノルタ110ズーム SLR

細かい部分をチェックしていきましょう。

ミノルタ110ズーム SLR

このカメラはこんな形なんですが、、、ズームレンズ付きの「一眼レフ」です。ペンプリズムを使わず「ポロミラー式」といわれるタイプの一眼レフになっています。それにしても変わった形です。左に見える黒いダイヤルが絞りと内蔵露出計です。

Minolta 110 zoom SLR

乾電池はここに入っていました。絞り優先オート機になるので電池がないと動きません。その上に見えるのが巻き上げレバーです。本体底部に巻き上げレバーがあるんですよ。

110カメラ 巻き上げレバー

ミノルタ ズーム 110 露出補正

さらに、+2からー2までの露出補正スイッチもありますし、ほんとハイスペックだと思います。

Minolta 110 zoom SLR

Minolta 110 zoom SLR

フィルムはここに入れます。このカメラに搭載されているロッコールレンズは10群10枚で綺麗に写ると評判だったので、今度試し撮りをしてみようと思います!

我が家にあるAUTO110は壊れていたのでしっかり撮れる110カメラはこれだけになります。しかしフィルムが期限切れの110フィルムしかないけど大丈夫かな(笑)

それじゃ!また!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-フィルムカメラ

© 2020 変デジ研究所