新型MacBook Pro(2021)が登場!Touch Bar廃止、SDXCカードスロット搭載、待っていたのはコレ!

Appleが、新型チップ「M1 Pro」と「M1 Max」を搭載したMacBook Proを発表しました。14インチと16インチのモデルが用意され、これまで発売されていたM1チップ搭載のMacBook Proとは桁違いの性能と拡張性を誇る、まさにプロモデルに仕上がっています。

ここ数年MacBook Proユーザー抱えていた不満点を上手に払拭してきたので「俺たちが待っていたMacBook Proはこれだ!」と、感じた方も多いのでは?

Apple MacBook Pro 16 inch Screen 10182021 big carousel jpg large

新しいMacBook Proは、ProMotionを導入したLiquid Retina XDRディスプレイを搭載しています。ディスプレイ中央上部にはノッチが採用されたのが驚きですが、画面サイズが大きくなり、明るく、最大120Hzのリフレッシュレートにも対応したので、これまで以上に快適で美しいディスプレイに仕上がっていると思います。

MacBook Pro 2021 キーボード

多くのユーザーの念願だった「Touch Bar廃止」が実現し、物理ファンクションキーが復活!もちろんTouch IDはあります。キーボード全体がブラックで統一されクールな印象です。MacBook Proにこのキーボードが搭載されたのは嬉しいポイント!

スピーカーも6スピーカーになり、空間オーディオに対応しました。ノートブックだけで臨場感溢れるサウンドが楽しめます。仕事も動画視聴も思いっきり楽しみたいなら16インチモデルを選ぶのもありかも。

MacBook Pro 2021 端子

写真やカメラが好きな方には嬉しい「SDXCカードスロット」も搭載されています。これまでカードリーダーを持ち歩いていた方は荷物が一つ減るだけでも嬉しいと感じるのでは!?

また、Thunderbolt 4×3、HDMI、3.5mmヘッドフォンジャック、MagSafe 3ポートも搭載です。

Thunderboltコントローラ

更なる入出力帯域幅を実現するThunderboltコントローラが追加されました。これによりM1 Max搭載モデルを選べば、最大3枚の外部ディスプレイ出力も可能なので、動画編集などで複数のディスプレイを活用している方には朗報かと。(M1 Proモデルは最大2枚)

MacBook Pro 2021 マグセーフ

電源がMagSafeになったことで、Thunderbolt 4端子をフル活用できるようになりますし、30分で最大50%まで充電できる高速充電に対応しているので、時間がない時でもスピーディーに充電できて最高です。

バッテリー駆動時間は、M1チップ搭載のMacBook Proの方が長いので、そこだけが残念ですが、これまで以上にパワフルで最高なノートブックが登場したことは素直に嬉しいです。これは確実に売れるでしょう!

価格は14インチモデルが239,800円から、16インチモデルが299,800円から。すでに予約はスタートしていて、発売日は10月26日です。気になった方は公式サイトをチェックしてください。それじゃ!また!

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-Apple