変デジ研究所

トイデジ カメラ関連商品 ガジェットレビュー

LUMIX GX7 マーク3

カメラ関連NEWS

GX7ユーザー必見「LUMIX GX7 MarkⅢ」はGX8の機能を小さなボディに詰め込んだようなカメラで…チルト式ファインダーも帰ってきた!

投稿日:

LUMIX GX7 MarkⅢ

先日LUMIX DMC-G8を中古で買いましたが、その前は数年ほどLUMIX DMC-GX7を愛用していました。GX7が好きな理由の1つは…チルト式電子ファインダーです。これが実際に使ってみると便利なんですよ。GX7はボディサイズも絶妙で本当に名機だと思っています。

しかし…2015年8月に後継機として発売された「GX8」はチルト式電子ファインダーにプラスしてバリアングル液晶も搭載されていましたが、ボディサイズが大型化して価格もグッと高くなりGX7ユーザーとしてはもう少し小さなボディだったら良かったのに…と思いました。

そう思っていたら…2016年5月にGX7直系の機種として「LUMIX GX7 Mark II」が発売されたんです。これは買い換えか!?と思いましたが…GX7MK2はチルト式電子ファインダーは省略されていました。なぜ…と思ったGX7ユーザーも多かったのでは!?

スポンサーリンク

LUMIX GX7 MarkⅢ

GX7 MK3

そして 今回発表された「LUMIX GX7 MarkⅢ」は完全にGX7の系譜です!チルト式電子ファインダーも帰ってきました!GX7ユーザーの買い換えとしては最高の機種になっていると思います!

ただ…電子ビューファインダーのドット数は約276万ドット相当になっているので初代GX7と同じですね。もう少し進化していたら最高だったのに。

GX7 MK3

露出補正ダイヤルが追加されているのは魅力的ですね。これはGX8にもあるダイヤルですがGX7MK3のボディサイズで搭載されているというのがポイント。

GX7 MK3

チルト式タッチモニターも便利ですし、ファンクションボタンも8つあります。さらに…初代GX7にはあってMK2で省略された「フォーカスモードレバー」も三段階に進化&復活しています。

全体的に隙が無く進化していますね。イメージとしては「GX8のスペックをそのままGX7に詰め込んだ」そんな感じでしょうか?もちろん4Kフォト、Bluetooth LE機能、新モノクロームモード「L.モノクロームD」搭載などなど様々な新機能も魅力です。

発売日は3月15日でボディのみの実売価格は約10万円。ボディカラーはブラックとシルバーの2種類です。すでにAmazonや楽天などで予約がスタートしているので気になった方は是非チェックを。それじゃ!また!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で
\シェア&高評価お待ちしてます!/
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (6 投票, 平均点: 4.50)
Loading...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!

-カメラ関連NEWS

Copyright© 変デジ研究所 , 2018 All Rights Reserved.