写真を撮るのが少しだけ楽しくなるブログ

変デジ研究所

ロモグラフィー

ロモの期限切れのフィルムCine400をミノルタ SRT101に入れて撮影したら…面白い写真が撮れた!

投稿日:

期限切れ フィルム 作例 レビュー

しばらく前にRainbow Moon Stoneのlomomariaさんから期限切れのフィルム「Lomography Cine400」を頂きました。映画撮影に用いられるシネフィルムを写真撮影用のカメラで使用できるように、35mmカラーネガフィルムに作り変えたという珍しいフィルムです。

映画撮影用フィルムされる感光乳剤を塗布しているという事で…「日常をまるで映画のワンシーンのように写し出す」と話題になったフィルムです。

Lomography Cine400 Tungsten 35mm Film

期限切れのフィルムと書きましたが、発売は2014年なので予想より最近のフィルムでした。元がどんな色のフィルムだったのか分かりませんが…実際にカメラに入れてみると凄い色をしていました!

Lomography Cine400 Tungsten 35mm Film

強烈な色をしたフィルムです(笑)紫というかピンクというか…とにかくこんな色のフィルムを見た事がないのでビックリでした!普通のTungstenとは別物なんでしょうか!?現像は通常のフィルムと同じC-41になっていました。

スポンサーリンク

Lomography Cine400 Tungsten 35mm Film:作例写真

Lomography Cine400 作例写真

こちらが期限切れの「Lomography Cine400 Tungsten 35mm Film」で撮影した写真です。期限切れフィルムらしく粒子が粗くコントラストが低下。全体的に褪色しまくりです。上下には黄色いモヤが出現しています。

トイカメラであればカメラ側の光漏れを疑いますが…今回使ったのはメンテナンスをした35mm一眼レフミノルタ SRT101になります。

これは完全な予想ですが…フィルムが劣化して塗布された感光乳剤が剥がれてしまったのでは?と思いました。パトローネの穴っぽい雰囲気で等間隔で色味が変わっているようにも見えますし…とにかく不思議な写りです。

Lomography Cine400 作例写真

Lomography Cine400 作例写真

ただし…上下のモヤモヤはフィルムの後半になるとほとんど無くなります。狙って撮れるものではありませんが…偶然が生み出すこの雰囲気すごく好きです!

Lomography Cine400 作例写真

Lomography Cine400 作例写真

期限切れフィルムでポートレートを撮ると…失敗した時のショックが大きいのであまり撮らないんですが今回はいい感じに撮れました!

Lomography Cine400 作例写真

Lomography Cine400 作例写真

スマホアプリでフィルターをかけた写真とはやっぱり雰囲気が違いますよね。

Lomography Cine400 作例写真

Lomography Cine400 作例写真

先ほどフィルム後半はモヤモヤがないと書きましたが…後半は後半で絵画みたいな写りに変化していました。

Lomography Cine400 作例写真

Lomography Cine400 作例写真

Lomography Cine400 作例写真

フィルム1本で様々な写りを楽しめて…変な写りが好きな自分としては大満足でした(笑)ただし…二度と再現出来ないのが残念です。まぁ…それがフィルムカメラの楽しさだと思うんですけどね。それじゃ!また!

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で
\シェア&高評価お待ちしてます!/
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (2 投票, 平均点: 5.00)
読み込み中...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!

-ロモグラフィー

Copyright© 変デジ研究所 , 2019 All Rights Reserved.