【レビュー】防水Kindle Paperwhiteを購入!お風呂で読めるし無印Kindleよりおすすめ!

2018年12月10日

防水 Kindle Paperwhite

自分は今まで2016年の年末に買った無印Kindleと呼ばれる一番安いモデルを使ってきましたが…そろそろ使い始めて2年になります。

無印Kindleは価格も安いし、本当に紙の本を読んでいるような画面で目も疲れないし、今でもオススメしたい端末なんですが…お風呂の中でのんびり電子書籍を読みたいと言う気持ちが強くなってきたので、Kindle Paperwhite 防水機能搭載 電子書籍リーダーを買ってみました!

Amazon

【防水】新型 Kindle Paperwhite 2018 レビュー

防水 キンドルペーパーホワイト レビュー

今回紹介するのはアマゾンの電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」の最新機種になります。Kindle Paperwhiteといってもいくつか種類がありますが…8GBのWi-Fiモデルで広告なしを選びました。

実際に使ってみると自分が使っていた無印Kindleとは「見え方」も「使い心地」も何もかもが違いました。こんなにも違うのかと驚きです。

という事で今回は新型Kindle Paperwhite(Newモデル・2018)の外観や使い心地、無印Kindleとの比較などを簡単にまとめていきます。

スポンサーリンク

ベゼルとディスプレイに段差がないフラットデザイン

Kindle Paperwhite 防水

まず外観的な部分を見ていきましょう。新しいKindle Paperwhiteはベゼル部分とディスプレイ部分い段差がないフラットデザインを採用しています。

今まで使っていた無印Kindleは、ディスプレイとベゼル部分に段差があるので、ホコリが溜まりやすいというデメリットがありました。

無印 Kindle 段差

段差があると持ちやすいと思いますが…どうしても「一昔前のガジェット感」が漂ってしまいます。しかし、新しいKindle Paperwhiteは画面部分がフラットになっているのでスタイリッシュで今っぽいです!

防水 キンドル

段差がないデザインは指紋も拭き取りやすいし使いやすいです。スマホやタブレットを使っているのと同じ使用感といえば分かりやすいかな?

防水 キンドル 背面

背面にはアマゾンのロゴが。

防水 キンドル 充電

マイクロUSBケーブルを使って充電します。

無印Kindleと比較:内蔵ライトはやっぱり見やすい!

キンドル 新旧比較

左が今まで使っていた無印Kindleです。右側がKindle Paperwhiteです。

新型Kindle Paperwhiteは内蔵ライトを搭載していて、LEDの数は旧型と比較すると4個から5個に増えています。

このライトは目が疲れにくく快適です。スマホやタブレットのバックライトと違って目に向かって光が当たるタイプじゃないので読書に最適なんです。

また、解像度にも違いがあります。無印Kindleは167ppiになりますが、新しいPaperwhiteは300ppiです。

グッと解像度が上がるので漫画や固定レイアウトの電子書籍を読む場合の見え方がかなり違います。また拡大した時の読みやすさがレベルアップしました。

防水モデルはお風呂で読書したい方にオススメ!

キンドル 防水

そして…今回自分がKindle Paperwhite 2018を選んだ最大の理由は「防水機能」です。

今まで防水タイプのKindleは「Kindle Oasis」という29,980円の高級モデルしかなかったんですが、今回発売された新型 Paperwhiteは防水性能がIPX8等級ということで…深さ2mの水に60分沈めても影響がないレベルになっています。

キンドル 防水

ですから、お風呂の中で本を読むくらいなら問題ないと思います。もちろん電子機器になるのでお湯や蒸気に弱いのは当たり前。ですからお風呂読書は自己責任で。

お風呂 読書

フラットなディスプレイは水滴がしっかりと流れ落ちるので濡れても本が読みやすい。

もちろんお風呂で読めば…水滴だけじゃなく湯気で画面が曇るので何度か拭きながら読みましたが…それによりページ送りしてしまうこともあるので注意が必要です。とはいえお風呂で本を読めるのは楽しいしハマってしまいそう。

お風呂 読書

背面はマットな質感ですが、こちらも予想より水を弾いてくれます。

Kindle お風呂

タオルでさっと水を拭き取ればこんな感じ。また先ほど書いたように内蔵ライトを搭載しているのでお風呂場でも寝室でもどんな場所でも読書出来ます。

まとめ

最後に新型Kindle Paperwhite 2018を開封〜ファーストインプレッションをまとめた動画も貼っておきます。

それと今回「広告なし」のモデルを選びましたが…電源を入れるだけですぐに読書をスタート出来るのは便利でした。

今までは「電源を入れる〜画面をスワイプ」という流れで使っていて、それでも問題ないと思っていたんですが…やっぱりこのひと手間が減るだけでグッと使いやすく感じます。

以上、防水になった新型Kindle Paperwhite 2018をレビューしてみました!これでまた読書する機会が増えると思うので…あれこれ電子書籍を買って楽しもうと思います!それじゃ!また!

Amazon

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-Kindle