【使い分け】iPhone 14 ProとNIKKOR Z 40mm f/2で撮った長野旅行

「どのカメラとレンズを旅行に持っていくか?」これはカメラや写真が好きな方が、旅行のたびに悩むテーマだと思います。先日、長野に一泊で旅行したんですが、そのときも悩みまくりでした。

フルサイズのα7IVに標準ズームレンズと広角単焦点レンズを持っていけば、完璧だと思ったんですが、ツマーの両親との旅行だったので、レンズ交換のタイミングが難しいし、あまり写真ばかり撮っているのも微妙。

ということで、最終的に選んだのは、ニコンのミラーレスカメラ「Nikon Z50」と単焦点レンズ「NIKKOR Z 40mm f/2」です。

Nikon Z50 NIKKOR Z 40mm f/2

これなら軽くてコンパクト。それでいてF2と明るいレンズになるので、背景ボケをいかした雰囲気のある写真も撮れます。もちろん、iPhoneもあるので、広角側の撮影はスマートフォンにまかせて、カメラを使い分けたら身軽に楽しく旅行できて大正解でした!

スマホとミラーレスカメラを使い分け

やまとう 松本城

まずは松本城に行く前に、近くにあるお蕎麦屋さんに入りました。外観はNikon Z50に装着した換算60mmのレンズだと厳しかったのでiPhoneで撮影、食事の写真はZ50で撮りました。

やまとう 松本城

やまとう 松本城

Nikon Z50とNIKKOR Z 40mm f/2の組み合わせだとテーブルフォトも少し狭く感じますが、iPhoneよりは何倍も美味しそうに撮れていい感じでした。

食事の後は松本城へ。松本城も、iPhoneの超広角レンズを使うとダイナミックに撮れます。少しだけ色味を調整しましたが、iPhoneで撮ると合成写真みたいな鮮やか写真が撮れます。これはこれで楽しい。

松本城 iPhone 14 Pro

iPhone写真も楽しいけど、Nikon 50で撮ったシャープな雰囲気も好きなので、どちらも楽しめてよかったです。

松本城 ミラーレスカメラ

街を歩きながらスナップ撮影する場合は、やっぱりスマホよりカメラで撮った方が楽しいです。ファインダーを覗き、シャッターを切る。やっぱりこのスタイルが好き。

松本 散策 写真

松本 散策 写真

松本を散策しながら美術館に向かいました。

松本 美術館 草間彌生

美術館の周りには、草間彌生さんの作品があり、ここは無料で見れるのでお得で楽しかったです。

松本 美術館 草間彌生

iPhone 14 Proの超広角カメラで、作品にググッと近づき撮影。こんな写真がスマホだけで撮れちゃうのやっぱり面白いですよね。

松本 美術館 草間彌生

美術館周辺は大きな被写体が多かったので、Nikon Z50の出番は少なく、iPhone 14 Proばかり使ってました。

スポンサーリンク

旅館でもカメラを使い分け

浅間温泉 梅の湯

宿泊は浅間温泉にある「梅の湯」さん。昔ながらの旅館って感じでしたが、コロナ対策もバッチリで料理も美味しく大満足。旅館でも食事の写真はミラーレスカメラを使いました。

浅間温泉 梅の湯

浅間温泉 梅の湯

一品一品、切り取るような撮影になりますが、スマホじゃここまで美味しそうに撮れないから、やっぱり使い分けが必要だと実感しました。

大王わさび農場

大王わさび農場

大王わさび農場

左がiPhone 14 Pro、右がNikon Z50で撮った写真です。どちらも似たような雰囲気ですが、Nikon Z50で撮った写真の方が鮮明でクリアで好きかな。次の2枚もNikon Z50です。

大王わさび農場

大王わさび農場

喫茶ガロでソースカツ丼

ガロ ソースカツ丼

ガロ ソースカツ丼

こちらもNikon Z50で撮影です。美味しそうに撮れましたし、実際めちゃくちゃ美味しかったです。これで普通盛りですからね。驚き。

まとめ

ヘブンスそのはら ロープウェイ

帰り際に、ヘブンスそのはらのロープウェイに乗りました。狭いロープウェイの中から広大な景色を撮る時はiPhoneが便利ですね。動画も簡単に撮れるし、スマホ撮影が楽しかった。

今回の旅行は「iPhone 14 Pro」と「Nikon Z50(NIKKOR Z 40mm f/2)」だけを使い撮影しましたが、もう今後もこのスタイルでいいのでは!?と、思うほど気に入りました。

とはいえ、次の旅行が決まれば「どのカメラとレンズを旅行に持っていこう?」と、悩むんですけどね(笑)それじゃ!また!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-撮影日記