【予約しました】手帳好きにおすすめのミニフォトプリンター「iNSPiC PV-223」登場!カメラ付きモデルもあります。

2022年8月26日

キヤノンが、ミニフォトプリンター「iNSPiC PV-223」を発表しました。スマホの写真を、その場でシールプリントできるので、手帳好きにも人気のiNSPiCシリーズですが、最新モデルは印刷解像度が向上し、充電時間が短縮されているのがポイントです。

スポンサーリンク

iNSPiC PV-223

iNSPiC PV-223

本体カラーは、ホワイト、ピンク、ブルーの3色展開ですが、前面のプレートを取り外し、別売りのプレートに着せ替え可能。

iNSPiC PV-223 着せ替え

iNSPiC PV-223 着せ替え

マグネット固定式なので、簡単に着せ替え可能です。自分はピンクの「iNSPiC PV-223」に合わせて花柄の着せ替えプレートを予約しました。着せ替えプレート単体での価格は1,430円(税込)です。

iNSPiC PV-223

自分は2019年に発売された「iNSPiC ZV-123」を使っていますが、カメラ機能は使わないので、シンプルな「iNSPiC PV-223」に魅力を感じて予約した感じです。また、充電端子がUSB Type-Cになったのも嬉しいポイント。

◆レビューを書きました!

【スマホの写真をシールに】キヤノン iNSPiC PV-223 レビュー。テンション上がる可愛いミニフォトプリンター!

iNSPiC ZV-223

iNSPiC ZV-223

自分が持っている「iNSPiC ZV-123」の後継機『iNSPiC ZV-223』も発表されました。ちなみに前モデルはブラックとホワイトの2色展開でしたが、今回はターゲットを女性に絞ったのか、カラバリはピンクのみです。

レンズ周りがミラーになっているので、自撮りも撮りやすいカメラです。ただし、背面に液晶モニターが無いので、前モデルはめちゃくちゃ撮りにくかったです(笑)

iNSPiC ZV-223

スマホアプリのライブビュー機能を使えば、細かい構図も確認できますが、使い勝手は微妙かも。また、プリンターだけのPV-223は、USB Type-C端子なのに、カメラ付きのZV-223は、USB Micro-B端子のままです。

進化した部分は、「風景」「人物」「自撮り」の3つのモードスイッチが搭載されたことでしょうか。焦点距離は前モデルが25.4mmで、新モデルが25.7mmです。細かい部分で写りも変わっている可能性はありますが、劇的に進化している印象ではありません。

created by Rinker
キヤノン
¥16,927 (2022/09/24 14:33:19時点 Amazon調べ-詳細)

iNSPiC用ケース CC-IC12

また、iNSPiC PV-223用のケースも発売されます。こちらは着せ替えプレートと同じ柄が用意されているので、合わせて買うのもオススメです。それじゃ!また!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-カメラ関連NEWS