フィルムについて

フィルムピッカーの使い方

2015年11月12日

フィルムピッカーの使い方

間違ってフィルムをパトローネの中に巻き込んでしまった時や、撮り終わったフィルムのベロをもう一度引っ張りだして多重露光写真を撮りたい時、などなどフィルムカメラを使っている人なら便利に使えるアイテムが今回紹介する『フィルムピッカー』です!

フィルムピッカーの使い方

先日久しぶりにフィルムピッカーを使おうと思ったら使い方を忘れていたんですが…フィルムピッカーを戴いた時に撮った動画が役に立ちました!過去の自分に救われました(笑)

フィルムピッカーにイラストが描いてあるので分かると思いますが…イラストを見ても分からない自分のような人のために使い方を書いておきます。

フィルムピッカー

まずAとBのボタンをスライドしてフィルムピッカーのベロをしまった状態にします。このベロをまとめて全部フィルムの出口に差し込みます。

フィルムピッカー

差し込んだあとにAボタンをスライドさせてベロをパトローネの中にグッと押しこみます。

フィルム ピッカー

Aボタンを押しこんだら、そのままの状態でスプールの軸を回します。この時、カチッというか、パチッという音がするまで回すのがポイントです。

フィルムピッカー

フィルムピッカー

次にBボタンをスライドしてグッと押し込みます。

フィルムピッカー

あとはスプールが回らないように押さえながら引き抜きます。

フィルムピッカー

フィルムピッカー

フィルムピッカーを使っても、たまに失敗する時がありますが何度か試せば出来ると思います。ちなみにフィルムピッカーが手元にないときはこんな方法もあるそうです。

フィルムピッカーは一つ持っていると何かと便利なのでフィルムカメラユーザーは是非チェックを。それじゃ!また!

空港のX線検査ってフィルムを通して大丈夫?

リバーサルフィルムを「なら写真くらぶ」で現像してみた。リバーサル現像+16BASEのCDデータ書き込みがセットで1,200円でした!

伝説のフィルム「Tokyo gratzy PARADE 100」をLC-A+に入れて使ってみました!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-フィルムについて

© 2020 変デジ研究所