【簡単】「すべてのコンテンツと設定を消去」を使ってMacBook Airを初期化してみた。

Macを下取りに出したり売却したりする前に必要な作業といえば「Macを消去する」ですが、macOS Montereyになってから「すべてのコンテンツと設定を消去」という消去アシスタントが搭載されました。これは、AppleシリコンまたはIntelプロセッサとApple T2セキュリティチップを搭載したMacで使える機能になりますが、実際に使ってみたのでやり方を簡単にまとめておきます。

スポンサーリンク

すべてのコンテンツと設定を消去

これまでのやり方と違ってmacOS Montereyの「すべてのコンテンツと設定を消去」を使うと全てのデータが一気に削除されます。iPhoneを売却する時と同じような感覚で消去できるので非常に簡単です。

消去アシスタントで行われる処理

  • Appleのサービス(iCloudなど)からサインアウトします。
  • 「探す」や「アクティベーションロック」をオフにして、消去するMacと自分との関連付けを解除します。
  • コンテンツと設定、およびインストールしたすべてのアプリケーションを消去します。
  • すべてのボリューム(現在のボリュームだけでなく)を消去します。Boot Campアシスタントを使用してMac上にWindowsをインストールした場合は、BOOTCAMPボリュームも消去されます。
  • すべてのユーザアカウントとそれらのデータを消去します(自分のユーザアカウントだけでなく)。

1:システム環境設定から「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択

すべてのコンテンツと設定を消去

まずはシステム環境設定から「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択します。

すべてのコンテンツと設定を消去

消去アシスタントが起動するのでユーザー名とパスワードを入力して「OK」をクリックします。

2:Time Machine バックアップ

すべてのコンテンツと設定を消去

Macをリセットするとすべてのメディア、データ、各種設定が削除されるので、バックアップを取ることをおすすめされます。自分はすでに違うMacにデータを移行していたので、Time Machineは使わず、右下の「続ける」をクリックしました。

3:すべてのコンテンツと設定を消去

すべてのコンテンツと設定を消去

Apple IDからサインアウトされ、Touch IDも削除、またBluetoothアクセサリのペアリングも解除されます。大丈夫だったら「続ける」をクリック。

4:Apple IDからサインアウト

消去アシスタント Mac

Apple IDのパスワードを入力してサインアウトします。

5:最後の確認

すべてのコンテンツと設定を消去 やり方

赤文字で表示されている「すべてのコンテンツと設定を消去」をクリックすると初期化が実行されます。

6:Macをアクティベート

すべてのコンテンツと設定を消去

Macがアクティベートされ、再起動されます。

まとめ

すべてのコンテンツと設定を消去

再起動が終わると、macOS MontereyをインストールしたMacをはじめて設定するときと同様に、最初の設定プロセスがスタートします。特に難しいことはなく非常に簡単でした。古いMacだと面倒でしたが、これからはこの設定があるので安心です。それじゃ!また!

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で

-Apple