イヤホン・ヘッドホン

【レビュー】dyplay UrbanTraveller 2.0:コスパ抜群のノイキャンBluetoothヘッドホン、約1万円でapt-X LLに対応! #提供

dyplay UrbanTraveller

ソニーやBOSEから発売されているノイズキャンセルヘッドホンが気になるけど…高くて手が出せない。そんな方におすすめのBluetoothヘッドホンをdyplayさんから商品レビュー用に提供していただきました。約1万円という価格ですがノイキャン性能は抜群、低遅延のaptX-LLコーデックにも対応しているのでYouTubeなどの動画視聴も快適です。そして…個人的に気に入ったのはおしゃれなデザインです!

Amazon

スポンサーリンク

dyplay UrbanTraveller2.0:レビュー

dyplay UrbanTraveller 2.0 レビュー

本体カラーはグレーとレッドが発売されていますが、今回レビュー用に届いたのはグレーです。Amazonでの価格は10,799円とノイキャンBluetoothヘッドホンにしては比較的安い商品になりますが高級感のあるデザインで驚きました!

dyplay UrbanTraveller 2.0 レビュー

イヤーパッド部分には肌触りのよいプロテインレザーレザーが採用されているので付け心地も優しくいい感じですし、ヘッドバンド部分のクッション素材も柔らかく全体的に装着感の良いヘッドホンだと思いました。

dyplay UrbanTraveller 2.0 イヤーパッド

dyplay UrbanTraveller 2.0 ヘッドバンド

操作ボタン類

dyplay UrbanTraveller 2.0

操作ボタン類はシンプルです。電源ボタンや音量ボタンは独立していて、充電ポートはUSB-Cです。前モデルではマイクロUSBが使われていたのでUSB-Cになったのは嬉しい進化ですね。これにより充電時間も短くなっているそうです。

dyplay UrbanTraveller 2.0 ノイキャン性能

レフト側にはノイズキャンセル機能のオン・オフスイッチと一般的な3.5mmケーブルに対応したイヤホンジャックがあります。

アクティブノイズキャンセリング

これはちょっとしたデメリットなんですが、電源とは別にANC機能(アクティブノイズキャンセリング)が独立したスイッチになっているので…ここを切り忘れると充電が減ります。ですから、切り忘れると次回使用時に充電がなくなっていた…なんて事になりかねないのでご注意を。

dyplay UrbanTraveller 2.0 レビュー

説明書は日本語にも対応しているので使い方は分かりますが…1点だけ問題がありました。

dyplay UrbanTraveller 2.0の操作音を中国語から英語にする方法

dyplay UrbanTraveller 2.0

dyplay UrbanTraveller 2.0の電源を入れると、中国語でアナウンスが聞こえます。このアナウンスを英語にする方法が分からず悩みましたが解決方法はこちらです。

  • 電源ボタン長押しでペアリングモードにする
  • 電源ボタンを2回押す
  • 電源オフ

これでアナウンスが英語に変更出来ます。

音質やノイキャン性能について

dyplay UrbanTraveller 2.0

まずはワイヤレスでノイキャンオフの状態で音楽を聴いてみました。低音もある程度響いてロックやEDMを聴くと迫力あるサウンドです。ただし…中音域と高音域がこもった感じで音質的には中の下といった感じ。

しかし…ANC機能をオンにすると一気に印象が変わります。中音域と高音域が一気にクリアになります。とはいえ高級なヘッドホンと比較するとシャリシャリした感じが残っているので、トータルの音質としては「普通に聴けるヘッドホン」という印象です。

しかし…さらに上の音質で聴きたい方は有線接続がオススメです。

dyplay UrbanTraveller 2.0 有線接続

有線で接続、さらにANC機能をオンにするとワイヤレス時より、さらに音質がよくなります。全体的な印象は似たような雰囲気ですがよりダイナミックで迫力のあるサウンドになるので、しっかりと音楽だけを楽しみたいときは有線で使うのがオススメ。

dyplay UrbanTraveller 2.0 ノイキャン性能

最後にノイキャン性能について書いていきます。環境騒音を最大28-30dB(95%)まで効果的に低減できるというのがdyplay UrbanTraveller 2.0の魅力ですが、予想以上に効果がありました。例えばキッチンの換気扇の音やエアコンの駆動音はかなりカットしてくれます。これは高級なヘッドホンと比較しても十分戦える性能だと思います。

ただし…音楽を聴いていない状態だと微かにチリチリチリというノイズが聴こえます。音楽を聴いていれば気にならないものの…やっぱりこのあたりは価格なりの性能といった感じです。

どんな人にオススメ?

dyplay UrbanTraveller 2.0 オススメ

コンパクトに折りたたみも可能なので外出時に使う事も出来ます。またYouTubeの動画視聴や動画編集時にも使ってみましたが、遅延を感じる事はなかったので使いやすかったです。で、最後になりましたが「dyplay UrbanTraveller 2.0」がどんな人におすすめなのか簡単にまとめておこうと思います。

  • 本格的なアクティブノイズキャンセリングを低価格で楽しみたい
  • おしゃれなデザインのヘッドホンが欲しい
  • 低遅延aptX-LLでの動画視聴

10,799円という価格で考えるとかなりコスパの高いヘッドホンだと思います。これからBluetoothノイキャンヘッドホンを試したいけど…3万円以上出すのは厳しい。そんな感じの方がいたら試してみてもいいのでは?そう思いました。それじゃ!また!

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で
\シェア&高評価お待ちしてます!/
みんなの評価
1いいね!2いいね!3いいね!4いいね!5いいね! (1 投票, 平均点: 5.00)
読み込み中...

☆を選択するだけ!1番右の星をタップで5つ星評価に!

-イヤホン・ヘッドホン

© 2020 変デジ研究所